女性がきれいに健康になる医療用サプリランキング(池村調べ)

2019.04.17 by 池村 和歌子

こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の院長の池村です。

本日は、当院で扱っている医療用サプリメントで女性に人気の、効果が出てしまうランキング1~3位をご紹介。

「サプリメントなんて効くのぉ?」

という方。わかります。池村も栄養療法を3~4年やってようやっと「ん?なんか朝楽に起きられるな?」くらいの回復力ですよ。細胞が生まれ変わるには時間がかかるのです。

不定愁訴が昔から多い池村は昔から健康を求めて様々なサプリや健康食品を試しました。たまに人に騙されて、ネットワークビジネスの健康食品を購入したりもしましたよ。やはり市販の誰でも買えるサプリメントでは良くなったという体感は一度も得られませんでしたね。

栄養療法の勉強をした今、昔購入したネットワークビジネスの商品の原材料表示を見てゾッとしていることも多いです。やはり医療用の品質が確かなサプリメントを血液検査データをもとに飲むと、体調が緩やかながらもはっきりと改善しましたね。

女性がきれいに健康になる医療用サプリメント

しかし!

そんな中でも切れ味鋭い、

池村
「き、効いている…だと…!?」

という医療用サプリメントが存在するのです。そんな素晴らしい医療用サプリメントは、当然スタッフや私の友人も試します。

するとやっぱり「き、効いている…だと…!?」とびっくりするのです。

医療用サプリメントはそこそこの数を扱っておりますが、本日は我々が体感を得られまくった上位3つをそっとご紹介。(医療法とかに引っかかってしまったら後日隠しページになります。)

第3位のサプリメント

ではでは、まずは第3位から。

「第3位」PB3

※クリックで拡大

口の中には悪玉菌(ヒトにとって悪さする菌。例えば酸を出して結果歯が溶けてしまうむし歯菌やヒトにとって毒を出す歯周病菌など)も何もしない菌もいます。悪玉菌の数が多いとトラブル勃発です。

PB3は、ヒトの口腔内のまったく無害な常在菌のサプリメント。要するに、何もしない菌の数が増えると相対的に悪玉菌が減るのでお口のトラブルが激減するのです。寝る前に一粒舐めるだけという簡便さも評価が高いです。

口臭や朝起きた時の粘着きがぐっと減りますし、上流である口腔内がきれいになると下流の腸もきれいになるらしく「お通じがすごく良くなった」と、本来の口腔内環境とは別のところで喜んで下さる患者さんもいます(腸内環境に関しては、個人差が大きいと思いますが)。

舐めた翌日から口腔内環境が変わる、そんなわかりやすいサプリメントです。

第2位のサプリメント

「第2位」ファイバー

池村
めっちゃ通じます。

痛くもなく、通じます。7種類の食物繊維(水溶性も不溶性も)が入っているとか。なんでも食物繊維も、1種類だけを多量に取ると、むしろ便秘になるそうで。

とにかく通じるので、解毒効果も高い。吹き出物なども収まります。便秘だと排毒が滞りますからね。腹筋の弱い便秘しがちな女性にははっきり効果が出やすいサプリメントです。

第1位のサプリメント

「第1位」LypoC

クリックで拡大

池村
不味いです。

しかし、これを3包飲むとビタミンCを8g点滴したのと同程度という効果の高さ。池村はこれを3包飲むと翌朝の肌の手触りが違います。

スタッフさんは、「めっちゃ忙しくて睡眠時間足りない日でもむしろコンディション良く動けた」・「顔のシミが薄くなってきたからこれは続けて飲みたい。というか飲まなきゃいけないと感じる」と言っています。

愛飲している患者さんは「子育て・お姑さんやママ友とのお付き合いに必須」と言っています。ビタミンCなので、当然抗酸化です。必要な内臓からCは供給されるので、肌に効果が出るのは最後です(シャンパンタワー的なイメージです。肌は最下層)。

ビタミンCが欠乏している方は、美容効果を実感しにくいです。でも、たくさん飲んでたら内臓に供給されてそのうち肌もきれいになります。

 

いかがでしたでしょうか?

女性はこんな感じですかね。今度男性編も作ってみます(医療法引っかかってるとかモノイイがこなければ)

The following two tabs change content below.
池村 和歌子

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。予約・お問い合わせはこちら→予約・お問い合わせ

※当院の診療方針に同意頂いた方は、予約して下さい。
不安のある方は『予約前の電話またはメール相談』をご利用下さい。

※当院の診療方針に同意頂いた方は、
予約して下さい。
不安のある方は『予約前の電話
またはメール相談』をご利用下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加