こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

「歯がしみるからシュ〇テクト」

という方、多いと思います。

まあ、それはそれでかまいませんが、
それは対症療法にしかすぎません。

 

むし歯も知覚過敏も歯周病も「結果」です。
ものごとには「原因」があって「結果」があるのです。

「結果」にばかりアプローチして、
歯の治療を繰り返していても
原因がある限り何度でもつらい目にあいます。

 

先日、知覚過敏は歯ぎしり
食いしばりが原因とお話しました。

 

では、歯ぎしり食いしばりって
どうして起こるのかご存知でしょうか?

 

それは当院のように栄養療法を
実践しているクリニックでないと、
歯ぎしりや食いしばりの原因を

「どうせストレスでしょ」

となりがちです。

 

実際、私も栄養療法を学ぶ以前は

池村
ストレスが原因でしょ!

と言っていましたから。

 

では、何が本当の原因なのか?

 

私もいつも言っていることなので、
予想がつく方も多いのではないでしょうか?

 

そうです!

 

ズバリ、

食事

です。

 

現代人に多い病気
血糖調節障害により、
歯ぎしり食いしばりが起きます。

 

今回の記事では、
知覚過敏の本当の原因。

 

この血糖値調節障害で起こる
歯ぎしりや食いしばりの理由について
わかりやすくお伝えしていきます。

(さらに…)

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加