service_ttl01
sp_service_ttl01
service04_img01
sp_service01_img01

service04_img02

インプラントとは

歯が抜けた後の治療法は一般的に3つあります。
・入れ歯
・ブリッジ
・インプラント
です。
それぞれにメリット・デメリットがありまして、それを知らないまま治療を行ってしまうと後悔されてしまうかもしれません。インプラントで失敗して後悔してしまわないように、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

 

入れ歯

入れ歯とは、取り外しが可能な歯のことで、健康な歯にバネを引っ掛けて、なくなってしまった歯を補う方法になります。

しかし、入れ歯は取り外し式のため、歯茎で噛んでいるようなものなのです。

その結果、噛む力が自然の歯の20〜30%も弱くなってしまうため、固いものを咬むことはできません。

 

ブリッジ

ブリッジとは、固定式の歯のことで、歯を無くしてしまった部分の両側の歯を土台にして、人工の歯で固定する方法のことです。

固定式ですので、しっかりと咬むことはできます。しかし、ブリッジという方法は、健康な歯を約4分の1ほど削ってしまうことになります。

削られてしまった歯は弱くなり、歯周病や虫歯になりやすく抜けてしまうリスクを抱えています。また、健康だった土台の歯がだめになり、治療や作り直しが必要になる場合が多いです。

 

インプラント

インプラントとは、歯が抜けた部分にチタンの人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着したものです。

もっとも自然の歯に近い機能性と美しさを作ることができるのが特徴。

自然の歯に近い機能性を持つことができるので、入れ歯やブリッジのような使いにくさや、歯への負担がほぼなくなります。自然の歯があったときと同じような生活に戻ることができます。

そして何より、歯をこれ以上失ってしまうリスクをもっとも減らすことができるのが、インプラントなのです。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 固いものがかめず、好きなものが食べられない
  • 食べ物が挟まって痛い
  • 毎日の手入れが面倒臭い

いけむら歯科では

これらのメリット・デメリットを考慮し、インプラントで治療をさせて頂いています。インプラントは入れ歯のように、痛み、違和感、好きなものが食べられない、取り外しが手間などといったストレスを感じる事はありません。インプラントの寿命は最低で10年。しっかりと手入れをすれば20年、30年使うことができます。
現に院長の池村もインプラントをしております。
そして、当院ではインプラントを長続きさせるために、しっかりとした検査、計画、無痛治療やインプラントセンターとの連携といったこだわりを持たせて頂いております。

インプラントの流れ

インプラントの注意点

インプラントのトラブルになってしまう原因は、インプラントが歯周病になることです。

昔はインプラントは人工物なのでむし歯にならない。第三の永久歯だ!

と持て囃され、『噛めるようになって良かったね!』で治療が終了していました。

しかし、噛めるようになって患者さんが今まで通りの歯が悪くなる生活を繰り返した結果、数年後にインプラント周囲炎という病気にかかり、インプラントという異物が身体から追い出されてしまうこともあります。

 

すなわち、インプラントがグラグラして噛めない。もう骨とくっついていないので除去しないといけなくなってしまった。

 

『あんなにお金かけたのに数年でダメになるなんて!インプラントはダメだ!インプラントを勧める歯医者は悪徳だ!』
となるトラブルです。

 

これは、メンテナンスをしっかり定期的に受けて頂く、ご自身でも歯磨き歯間ブラシ(ホームケア)を毎日しっかり行うことである程度防げます。

当院では、インプラント含め全ての歯科治療をご自身で行ってもらうホームケアの正しいやり方を習得して頂いてから行いますし、定期的なメンテナンスも当然、更には栄養療法により

『そもそもなぜそこにインプラントが必要になってしまったのか。自分の歯を失ってしまった理由』

 

を推察し、インプラントだけでなく残ったご自身の歯を今後どう守っていくか、というお話を治療前に必ずお伝えしてから治療に着手しています。

 

よくある質問

インプラントって痛くないですか?

局所麻酔をして行うので術中は痛くありません。

麻酔が切れた後は傷を作ったので、当然多少の痛みはありますが、インプラント手術を行った当院の患者さん達は皆さん『手術後、当日は痛み止めを飲むだけで仕事(デスクワーク)ができ、翌日は痛み止めを飲まなかった』とおっしゃる方がほとんどです。

術中、どうしても不安な方は麻酔科の先生を招聘して寝ている間にインプラント手術を終わらす方法もあります。(麻酔科医招聘108000円/1回)

 

インプラントについてイヤな噂をたくさんききます。やっても大丈夫でしょうか?

インプラントのトラブルは、実は2つしかありません。

一つは、インプラント埋入術(インプラントを顎の骨に入れる手術です)により、チタン製のネジで血管を傷つけ出血が止まらないだとかチタン製のネジで顔面の知覚神経を押してしまい顔に麻痺が出たなどの外科的なエラーです。

昔のインプラント手術はオルソパントモ(パノラマ)という2Dのレントゲン写真のみで行われていたので細かい血管や神経の走行がわからず悲しい事故が起きたようです。

当院はCT撮影をして顎の骨の質や幅、神経や血管の位置を確認。

 

コンピューター上で使用するインプラントのメーカーや長さ・太さを決定し、更にそのシミュレーション通りの位置に実際の顎の骨にインプラントを入れるSMOPシステムを使用しているので外科処置によるトラブルのリスクを大幅に減らしております。

 

 

失敗しない長く使えるインプラントをご検討の方は、下記から電話または、メールにてご予約ください。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加