service_ttl01
sp_service_ttl01
service02_img01
sp_service02_img01
service02_nav01_onservice02_nav02_off
sp_service02_nav01_onsp_service02_nav02_off

service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、
    歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど、痛くてもうするのが嫌

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

 

歯周病治療の流れ

よくある質問

「予防歯科」ってよそと何が違うの?

当院が行っている「栄養療法を基軸に置いた予防歯科」は、 スウェーデン式の歯周病治療と栄養療法(オーソモレキュラー療法・分子整合栄養医学)を併せたところ とても良い結果が得られたので推奨しております。 時には血液検査データを拝見したりもしますが、 あくまで歯科ですので、初めてお越しになる患者さんはまず 歯肉の検査を受けて頂き ホームケア・プロケアを徹底して頂き、そこからスタートです。 土台がないのに色々積み上げてもすぐに崩れてしまいますよね? 日本人にはホームケアやプロケアが必要と教えてもらえるタイミングが実はかなりないのです。 皆無と言っても良いくらい。 治療ができる素地を作るための期間が必要なのです。 口は、歯は内臓です。 当院の場合 「取れたからつけて~」「はいよ~」 とはなりません。 なぜ取れたのか その前になぜ歯の治療を受けていたのか そういったことを考察せずに 「取れたからつけて~」「はいよ~」 を繰り返していたら、悪くなる一方ですよね? それなのに皆さんそうなのです。 なので、当院の場合、 「なぜそうなってきたのか」 を考察してご説明して、今後に備えることに注力しているのです。 定期的に患者さんをクリーニングするだけが予防歯科ではないのです。 もしかしたら、今あなたが通っている歯医者さんは定期的にクリーニングしてくれる日本の中ではちょっと親切な歯医者さんかもしれません。 でも。 定期的に歯科医院でクリーニングしていても、トラブルは起きることでしょう(もちろん何もしないよりもとっても良いことです)。 そんな時は、「なぜ悪くなっちゃうのかな?」 に答えてくれる歯医者さんから話を聞いてみるのもありかもしれませんよ。

削らない治療をして欲しい

あなたのお口の中が「削らない治療」の適応であれば提供できます。 どういうこと? 例えば… 過去神経を取った歯・神経が死んでいる歯・神経が死にかけている歯 などは削らざるをえないです。 (※神経が死にかけている歯に関しては、慎重に診断するために期間を要する場合があります) あなたのお口の中を拝見した上でベストな治療法、ベターな治療法、普通の治療法を提案するように心がけています。

早く治療をして欲しいのですが…

https://www.ikemura-dental.jp/faq/no-perioでもお伝えしている通り、まず治療できる口腔内環境になって頂くことが最善です。   院長の池村は、山形県の予防で有名な熊谷先生の影響を多大に受けておりますので、まず治療できる環境が整ってからでないと、歯の治療はしません。   大切なことなのでもう一度お伝えしますが、治療できる環境が整ってからでないと歯の治療はしません。激痛でいらしたときは痛みを止める処置をしてから、治療できる環境を整えてから歯の治療を行っていきます。   でもそれは、単純に池村がやりたいからするわけではありません。あなたたのためです。口の中にむし歯・歯周病という疾患を起こす原因菌がうようよいるのに、テキトーに削って詰めて・被せてもまた悪くなってしまうと思いませんか?   すぐ治療してもらって、痛みや咬めない悩みからすぐ開放されたとしても数年後にもっとひどいことになるのであれば、今できる限りこれ以上悪くならないために時間とお金を投資するのは無駄なことでしょうか?今、再発防止策に時間とお金をかけるのは結局あなたのためなのです。   通常の方はこのように説明させて頂くと納得し下さり、口腔内を治療できる状態にする治療をまず選択して下さるのですが、中には全くご理解いただけない方もいらっしゃいます。そうしますと、池村も治療の結果を保証いたしかねますので(ただでさえ口や歯という内蔵を治療するって大変なことなのに)。   まずこの文章を読んで納得して頂けない方は、そもそも当院と方針が合わないと思いますので、すぐ治療してくれる歯科医院へいらっしゃることをお勧め致します。   当院は『一般的には』ではなく『あなた』はどうしたら良いか、をお伝えしていますので、すでにご自分の中で診断を下している(ドックベストセメントをしたいだとか(まずむし歯じゃないケースもあるんです…)銀を外したい(無理矢理銀を外すために削るとドリルの衝撃で歯の神経が死んでしまうことも)だとか)場合は、当院の提案にがっかりしてしまう場合が多いのです。   ご自分で診断を下してしまっている方も、他院へいらっしゃるのをお勧めいたします。

sp_service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど
    痛くてもうするのが嫌

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

患者様の声

お客様の声一覧へ

歯周病治療の流れ

よくある質問

「予防歯科」ってよそと何が違うの?

当院が行っている「栄養療法を基軸に置いた予防歯科」は、 スウェーデン式の歯周病治療と栄養療法(オーソモレキュラー療法・分子整合栄養医学)を併せたところ とても良い結果が得られたので推奨しております。 時には血液検査データを拝見したりもしますが、 あくまで歯科ですので、初めてお越しになる患者さんはまず 歯肉の検査を受けて頂き ホームケア・プロケアを徹底して頂き、そこからスタートです。 土台がないのに色々積み上げてもすぐに崩れてしまいますよね? 日本人にはホームケアやプロケアが必要と教えてもらえるタイミングが実はかなりないのです。 皆無と言っても良いくらい。 治療ができる素地を作るための期間が必要なのです。 口は、歯は内臓です。 当院の場合 「取れたからつけて~」「はいよ~」 とはなりません。 なぜ取れたのか その前になぜ歯の治療を受けていたのか そういったことを考察せずに 「取れたからつけて~」「はいよ~」 を繰り返していたら、悪くなる一方ですよね? それなのに皆さんそうなのです。 なので、当院の場合、 「なぜそうなってきたのか」 を考察してご説明して、今後に備えることに注力しているのです。 定期的に患者さんをクリーニングするだけが予防歯科ではないのです。 もしかしたら、今あなたが通っている歯医者さんは定期的にクリーニングしてくれる日本の中ではちょっと親切な歯医者さんかもしれません。 でも。 定期的に歯科医院でクリーニングしていても、トラブルは起きることでしょう(もちろん何もしないよりもとっても良いことです)。 そんな時は、「なぜ悪くなっちゃうのかな?」 に答えてくれる歯医者さんから話を聞いてみるのもありかもしれませんよ。

削らない治療をして欲しい

あなたのお口の中が「削らない治療」の適応であれば提供できます。 どういうこと? 例えば… 過去神経を取った歯・神経が死んでいる歯・神経が死にかけている歯 などは削らざるをえないです。 (※神経が死にかけている歯に関しては、慎重に診断するために期間を要する場合があります) あなたのお口の中を拝見した上でベストな治療法、ベターな治療法、普通の治療法を提案するように心がけています。

早く治療をして欲しいのですが…

https://www.ikemura-dental.jp/faq/no-perioでもお伝えしている通り、まず治療できる口腔内環境になって頂くことが最善です。   院長の池村は、山形県の予防で有名な熊谷先生の影響を多大に受けておりますので、まず治療できる環境が整ってからでないと、歯の治療はしません。   大切なことなのでもう一度お伝えしますが、治療できる環境が整ってからでないと歯の治療はしません。激痛でいらしたときは痛みを止める処置をしてから、治療できる環境を整えてから歯の治療を行っていきます。   でもそれは、単純に池村がやりたいからするわけではありません。あなたたのためです。口の中にむし歯・歯周病という疾患を起こす原因菌がうようよいるのに、テキトーに削って詰めて・被せてもまた悪くなってしまうと思いませんか?   すぐ治療してもらって、痛みや咬めない悩みからすぐ開放されたとしても数年後にもっとひどいことになるのであれば、今できる限りこれ以上悪くならないために時間とお金を投資するのは無駄なことでしょうか?今、再発防止策に時間とお金をかけるのは結局あなたのためなのです。   通常の方はこのように説明させて頂くと納得し下さり、口腔内を治療できる状態にする治療をまず選択して下さるのですが、中には全くご理解いただけない方もいらっしゃいます。そうしますと、池村も治療の結果を保証いたしかねますので(ただでさえ口や歯という内蔵を治療するって大変なことなのに)。   まずこの文章を読んで納得して頂けない方は、そもそも当院と方針が合わないと思いますので、すぐ治療してくれる歯科医院へいらっしゃることをお勧め致します。   当院は『一般的には』ではなく『あなた』はどうしたら良いか、をお伝えしていますので、すでにご自分の中で診断を下している(ドックベストセメントをしたいだとか(まずむし歯じゃないケースもあるんです…)銀を外したい(無理矢理銀を外すために削るとドリルの衝撃で歯の神経が死んでしまうことも)だとか)場合は、当院の提案にがっかりしてしまう場合が多いのです。   ご自分で診断を下してしまっている方も、他院へいらっしゃるのをお勧めいたします。


web予約はこちら
  

当院ではオンライン診療ができます

※当院の診療方針に同意頂いた方は、Web予約して下さい。

 

当院ではオンライン診療ができます

※当院の診療方針に同意頂いた方は、Web予約して下さい。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加