service_ttl01
sp_service_ttl01
service02_img01
sp_service02_img01
service02_nav01_onservice02_nav02_off
sp_service02_nav01_onsp_service02_nav02_off

service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、
    歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど、痛くてもうするのが嫌

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

 

歯周病治療の流れ

よくある質問

私の歯はすでにボロボロなのですが予防歯科ってできますか?

結論から申し上げますと、できます。 予防歯科とは、お口の状態が「今後悪くならないようにする」ことです。 あなたの歯がどの程度ボロボロなのかわかりませんが、しっかり咬めるようになるまで、他の歯が巻き添えくらって悪くならない状態にもっていくまで治療に時間はかかると思います。 治療期間や治療の費用はボロボロ具合によります。 でも、誠実に「他の歯が巻き添え食らってさらに悪くなる」状態から脱するまで頑張ってもらえれば、予防歯科、可能です。 むしろそこからが勝負です。 機能回復させた、ボロボロから脱した、つらい治療を乗り越えたなら、いよいよ予防歯科を楽しんでいただけます。 予防歯科は良いですよ。 治療じゃないから痛くないです。 メンテナンスは気持ちいいリラックスできるものなので、治療の時のようにいつ痛みが来るかと全身をこわばらせてビクビクすることもないです。 優しいかわいい衛生士さんに優しく日々の疲れを癒してもらえます。 予防歯科は思い立ったが吉日です。 どうぞ歯についてお悩みがある方ほど、ご相談下さい。

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。 当院では 1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔 これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。 当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。 2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。 ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。 3.痛くない状態にしてから歯石除去 歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。 きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。 きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。 治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

医療用サプリメントだけ売ってもらえませんか?

結論から申し上げますと、当院の患者さんでない方にはお譲りできません。 医療用サプリメントは処方になります。 当院が患者さんのお口の中を拝見して、必要であると判断した結果おすすめしているものです。 初診でかかられてからご要望下さい。

sp_service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど
    痛くてもうするのが嫌

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

患者様の声

お客様の声一覧へ

歯周病治療の流れ

よくある質問

私の歯はすでにボロボロなのですが予防歯科ってできますか?

結論から申し上げますと、できます。 予防歯科とは、お口の状態が「今後悪くならないようにする」ことです。 あなたの歯がどの程度ボロボロなのかわかりませんが、しっかり咬めるようになるまで、他の歯が巻き添えくらって悪くならない状態にもっていくまで治療に時間はかかると思います。 治療期間や治療の費用はボロボロ具合によります。 でも、誠実に「他の歯が巻き添え食らってさらに悪くなる」状態から脱するまで頑張ってもらえれば、予防歯科、可能です。 むしろそこからが勝負です。 機能回復させた、ボロボロから脱した、つらい治療を乗り越えたなら、いよいよ予防歯科を楽しんでいただけます。 予防歯科は良いですよ。 治療じゃないから痛くないです。 メンテナンスは気持ちいいリラックスできるものなので、治療の時のようにいつ痛みが来るかと全身をこわばらせてビクビクすることもないです。 優しいかわいい衛生士さんに優しく日々の疲れを癒してもらえます。 予防歯科は思い立ったが吉日です。 どうぞ歯についてお悩みがある方ほど、ご相談下さい。

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。 当院では 1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔 これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。 当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。 2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。 ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。 3.痛くない状態にしてから歯石除去 歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。 きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。 きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。 治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

医療用サプリメントだけ売ってもらえませんか?

結論から申し上げますと、当院の患者さんでない方にはお譲りできません。 医療用サプリメントは処方になります。 当院が患者さんのお口の中を拝見して、必要であると判断した結果おすすめしているものです。 初診でかかられてからご要望下さい。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加