service_ttl01
sp_service_ttl01
service01_img01
sp_service01_img01
service01_nav01_offservice01_nav02_onservice01_nav03_offservice01_nav04_off
sp_service01_nav01_offsp_service01_nav02_on-2sp_service01_nav03_offsp_service01_nav04_off

service03_img02

このような方におすすめです

  • 虫歯の治療に行ったら歯をたくさん削られて自分の歯がなくなり詰め物ばかりになってしまう
  • 同じ歯ばかり何度も治療している
  • 歯を削られるのが痛いし怖いからあまり歯科に行きたくない

 

削らない(自分の歯を生かす)治療とは?

むし歯の治療を受けるとき、気になることのひとつが”歯を削る量”ではないでしょうか?再治療を防ぐためには、感染歯質を完全に取り除くようしっかり削る治療が主流でした。近年では、できるだけ歯を削らない治療に移行しつつあります。
そうした中で当院では、天然ミネラル成分を配合した歯科治療用のセメント”ドッグベストセメント“で、できるだけむし歯を削らない、痛みのない治療を行っています。また、ドイツ生まれの新しい予防歯科”アイコン(ICON)”も導入しております。

なぜ削らないの?

一般の歯科治療では、虫歯の周辺もたくさん削ってしまったり、その際に神経に当たるとそのまま神経も取ってしまったりという事がよくあります。ですので、そういった事が起こらない様、当院では削らずに治療が出来るドッグベストセメントを使用させて頂いております。ドッグベスセメントは、虫歯の穴に入れると虫歯菌を殺菌し、溶けてしまった自分の歯を再石灰化させる事ができる特殊セメントです。

どうやって削らずに治療しているの?

当院がどのように削らない歯医者として、治療を行っているのかと言いますと、大きく2つの方法があります。

それは、

  • ・ドッグベストセメント
  • ・歯面コーティング剤

 

の2つの治療法を行うことによって、削らない治療を実現させております。

削らないでむし歯治療ができるドッグベストセメント

初めて聞く方は驚くかもしれませんが、歯は、治療すれば治療するほど寿命が短くなります。

 

しかし、むし歯で歯に穴が空いてしまった場合は、治療せざるを得ません。

 

当院では、歯を削らない治療がメインなので、滅多なことでは歯を削ることはありません。

 

穴があく前のむし歯初期治療 歯面コーティング剤

C0または、脱灰と呼ばれる状態の初期むし歯に、樹脂を染み込ませてエナメル質の結晶が崩れるのを防ぎます。

 

初期むし歯とは、エナメル質のミネラルは溶け出ているが、まだ穴はあいていない状態のことを言います。

 

当院で使用している歯面コーティング剤のアイコン(Icon)は、ドイツDMG社が開発した低粘度で浸潤性を持つ、光重合型レジン材です。厚生労働省の認可も受けた安全性の高いものです。

 

削らない治療の流れ

よくある質問

削らない治療をして欲しい

あなたのお口の中が「削らない治療」の適応であれば提供できます。 どういうこと? 例えば… 過去神経を取った歯・神経が死んでいる歯・神経が死にかけている歯 などは削らざるをえないです。 (※神経が死にかけている歯に関しては、慎重に診断するために期間を要する場合があります) あなたのお口の中を拝見した上でベストな治療法、ベターな治療法、普通の治療法を提案するように心がけています。

早く治療をして欲しいのですが…

https://www.ikemura-dental.jp/faq/no-perioでもお伝えしている通り、まず治療できる口腔内環境になって頂くことが最善です。   院長の池村は、山形県の予防で有名な熊谷先生の影響を多大に受けておりますので、まず治療できる環境が整ってからでないと、歯の治療はしません。   大切なことなのでもう一度お伝えしますが、治療できる環境が整ってからでないと歯の治療はしません。激痛でいらしたときは痛みを止める処置をしてから、治療できる環境を整えてから歯の治療を行っていきます。   でもそれは、単純に池村がやりたいからするわけではありません。あなたたのためです。口の中にむし歯・歯周病という疾患を起こす原因菌がうようよいるのに、テキトーに削って詰めて・被せてもまた悪くなってしまうと思いませんか?   すぐ治療してもらって、痛みや咬めない悩みからすぐ開放されたとしても数年後にもっとひどいことになるのであれば、今できる限りこれ以上悪くならないために時間とお金を投資するのは無駄なことでしょうか?今、再発防止策に時間とお金をかけるのは結局あなたのためなのです。   通常の方はこのように説明させて頂くと納得し下さり、口腔内を治療できる状態にする治療をまず選択して下さるのですが、中には全くご理解いただけない方もいらっしゃいます。そうしますと、池村も治療の結果を保証いたしかねますので(ただでさえ口や歯という内蔵を治療するって大変なことなのに)。   まずこの文章を読んで納得して頂けない方は、そもそも当院と方針が合わないと思いますので、すぐ治療してくれる歯科医院へいらっしゃることをお勧め致します。   当院は『一般的には』ではなく『あなた』はどうしたら良いか、をお伝えしていますので、すでにご自分の中で診断を下している(ドックベストセメントをしたいだとか(まずむし歯じゃないケースもあるんです…)銀を外したい(無理矢理銀を外すために削るとドリルの衝撃で歯の神経が死んでしまうことも)だとか)場合は、当院の提案にがっかりしてしまう場合が多いのです。   ご自分で診断を下してしまっている方も、他院へいらっしゃるのをお勧めいたします。

歯の治療をして欲しい。でも歯周病治療はしたくない!

お断りします! と、いきなり断ってしまいましたが…   当院は、患者さんに必要なことしかお勧めしていません。歯周病治療は最も優先されるべき治療です。   あなたのお口の中は、37℃前後で湿度100%。非常に細菌がわきやすい環境なのです。適切なケアの仕方も知らずに今まで過ごしてきたからこそむし歯になって銀を詰められたり歯周病になって口臭が出たりしているはずです。   酸を出して歯を溶かすむし歯菌・人にとって毒を出す歯周病菌・カビ菌その他もろもろ雑菌が、あなたの口の中に繫殖している状態で歯の治療(削って詰める・被せる)だけ施しても、良くなると思いますか?   断言しておきましょう。必ず今よりもっと悪くなります。   まずは「なぜ今まで歯が悪くなり治療されてきたのだろうか?」・「どうしたら今後歯が悪くならずに治療されないようになるだろうか?」を考えて対策を打つことが第一優先です。   その対策の一つが歯周病治療なので、歯周病治療が嫌だをおっしゃる患者さんは、そもそも当院では治療ができません。厳しいようですが、まず治療する前にベースを整えるという当院の考え方をご理解できない方はお断りしています。 気軽に削って詰めて、被せてくれる歯科医院はたくさんあると思いますので、そちらにいらして下さい。

 

これ以上、削りたくない、しっかりとした治療を受けたいという方は、下記から電話または、メールにてご予約ください。

service03_img02

このような方におすすめです

・虫歯の治療に行ったら歯をたくさん削られて自分の歯がなくなり詰め物ばかりになってしまう

・同じ歯ばかり何度も治療している

・歯を削られるのが痛いし怖いからあまり歯科に行きたくない

 

削らない(自分の歯を生かす)治療とは?

むし歯の治療を受けるとき、気になることのひとつが”歯を削る量”ではないでしょうか?再治療を防ぐためには、感染歯質を完全に取り除くようしっかり削る治療が主流でした。近年では、できるだけ歯を削らない治療に移行しつつあります。
そうした中で当院では、天然ミネラル成分を配合した歯科治療用のセメント”ドッグベストセメント“で、できるだけむし歯を削らない、痛みのない治療を行っています。また、ドイツ生まれの新しい予防歯科”アイコン(ICON)”も導入しております。

なぜ削らないの?

一般の歯科治療では、虫歯の周辺もたくさん削ってしまったり、その際に神経に当たるとそのまま神経も取ってしまったりという事がよくあります。ですので、そういった事が起こらない様、当院では削らずに治療が出来るドッグベストセメントを使用させて頂いております。ドッグベスセメントは、虫歯の穴に入れると虫歯菌を殺菌し、溶けてしまった自分の歯を再石灰化させる事ができる特殊セメントです。

どうやって削らずに治療しているの?

当院がどのように削らない歯医者として、治療を行っているのかと言いますと、大きく2つの方法があります。

それは、

  • ・ドッグベストセメント
  • ・歯面コーティング剤

 

の2つの治療法を行うことによって、削らない治療を実現させております。

削らないでむし歯治療ができるドッグベストセメント

初めて聞く方は驚くかもしれませんが、歯は、治療すれば治療するほど寿命が短くなります。

 

しかし、むし歯で歯に穴が空いてしまった場合は、治療せざるを得ません。

 

当院では、歯を削らない治療がメインなので、滅多なことでは歯を削ることはありません。

 

穴があく前のむし歯初期治療 歯面コーティング剤

C0または、脱灰と呼ばれる状態の初期むし歯に、樹脂を染み込ませてエナメル質の結晶が崩れるのを防ぎます。

 

初期むし歯とは、エナメル質のミネラルは溶け出ているが、まだ穴はあいていない状態のことを言います。

 

当院で使用している歯面コーティング剤のアイコン(Icon)は、ドイツDMG社が開発した低粘度で浸潤性を持つ、光重合型レジン材です。厚生労働省の認可も受けた安全性の高いものです。

 

削らない治療の流れ

よくある質問

削らない治療をして欲しい

あなたのお口の中が「削らない治療」の適応であれば提供できます。 どういうこと? 例えば… 過去神経を取った歯・神経が死んでいる歯・神経が死にかけている歯 などは削らざるをえないです。 (※神経が死にかけている歯に関しては、慎重に診断するために期間を要する場合があります) あなたのお口の中を拝見した上でベストな治療法、ベターな治療法、普通の治療法を提案するように心がけています。

早く治療をして欲しいのですが…

https://www.ikemura-dental.jp/faq/no-perioでもお伝えしている通り、まず治療できる口腔内環境になって頂くことが最善です。   院長の池村は、山形県の予防で有名な熊谷先生の影響を多大に受けておりますので、まず治療できる環境が整ってからでないと、歯の治療はしません。   大切なことなのでもう一度お伝えしますが、治療できる環境が整ってからでないと歯の治療はしません。激痛でいらしたときは痛みを止める処置をしてから、治療できる環境を整えてから歯の治療を行っていきます。   でもそれは、単純に池村がやりたいからするわけではありません。あなたたのためです。口の中にむし歯・歯周病という疾患を起こす原因菌がうようよいるのに、テキトーに削って詰めて・被せてもまた悪くなってしまうと思いませんか?   すぐ治療してもらって、痛みや咬めない悩みからすぐ開放されたとしても数年後にもっとひどいことになるのであれば、今できる限りこれ以上悪くならないために時間とお金を投資するのは無駄なことでしょうか?今、再発防止策に時間とお金をかけるのは結局あなたのためなのです。   通常の方はこのように説明させて頂くと納得し下さり、口腔内を治療できる状態にする治療をまず選択して下さるのですが、中には全くご理解いただけない方もいらっしゃいます。そうしますと、池村も治療の結果を保証いたしかねますので(ただでさえ口や歯という内蔵を治療するって大変なことなのに)。   まずこの文章を読んで納得して頂けない方は、そもそも当院と方針が合わないと思いますので、すぐ治療してくれる歯科医院へいらっしゃることをお勧め致します。   当院は『一般的には』ではなく『あなた』はどうしたら良いか、をお伝えしていますので、すでにご自分の中で診断を下している(ドックベストセメントをしたいだとか(まずむし歯じゃないケースもあるんです…)銀を外したい(無理矢理銀を外すために削るとドリルの衝撃で歯の神経が死んでしまうことも)だとか)場合は、当院の提案にがっかりしてしまう場合が多いのです。   ご自分で診断を下してしまっている方も、他院へいらっしゃるのをお勧めいたします。

歯の治療をして欲しい。でも歯周病治療はしたくない!

お断りします! と、いきなり断ってしまいましたが…   当院は、患者さんに必要なことしかお勧めしていません。歯周病治療は最も優先されるべき治療です。   あなたのお口の中は、37℃前後で湿度100%。非常に細菌がわきやすい環境なのです。適切なケアの仕方も知らずに今まで過ごしてきたからこそむし歯になって銀を詰められたり歯周病になって口臭が出たりしているはずです。   酸を出して歯を溶かすむし歯菌・人にとって毒を出す歯周病菌・カビ菌その他もろもろ雑菌が、あなたの口の中に繫殖している状態で歯の治療(削って詰める・被せる)だけ施しても、良くなると思いますか?   断言しておきましょう。必ず今よりもっと悪くなります。   まずは「なぜ今まで歯が悪くなり治療されてきたのだろうか?」・「どうしたら今後歯が悪くならずに治療されないようになるだろうか?」を考えて対策を打つことが第一優先です。   その対策の一つが歯周病治療なので、歯周病治療が嫌だをおっしゃる患者さんは、そもそも当院では治療ができません。厳しいようですが、まず治療する前にベースを整えるという当院の考え方をご理解できない方はお断りしています。 気軽に削って詰めて、被せてくれる歯科医院はたくさんあると思いますので、そちらにいらして下さい。

 

これ以上、削りたくない、しっかりとした治療を受けたいという方は、下記から電話または、メールにてご予約ください。

※当院の診療方針に同意頂いた方は、予約して下さい。
不安のある方は『予約前の電話またはメール相談』をご利用下さい。

※当院の診療方針に同意頂いた方は、
予約して下さい。
不安のある方は『予約前の電話
またはメール相談』をご利用下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加