インプラントの仕組み「自分の歯と全く同じに咬める」は大嘘です!

2015.11.02 by 池村 和歌子

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

今日のタイトル、「インプラントは自分の歯と全く同じに咬めるは、大嘘」ということで、お伝えしていきます。

 

まあ、大嘘とまでは言いません。
小嘘くらいでしょうか。

私は交通事故で前歯が折れたので、4本インプラントですし、自分の母親にも妹にもインプラント治療を選択しています。

 

だからと言って、

池村
インプラント最高!

第三の永久歯!

と持ち上げるつもりはありません。

 

では、なぜ池村はインプラントにしたのか?

それにはしっかりとした理由があります。

今回、インプラントの歯の仕組みからお伝えしますが、あなたにも当てはまることがあるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

インプラントの歯の仕組みを解説します

インプラントは所詮代替品です。
自分の歯が良いに決まってます。

インプラントに被せている歯は人工物なので、割れないように硬いものを咬むときは、ものすごく気を遣います。また、歯みがきだってインプラントの部分の歯肉は弱いので、ものすごく気を遣います。

 

なにしろ人工物なので、やっぱり気を遣うんです。

図で見ると、インプラントってこんな感じですね。

インプラント

自分の歯は、歯根膜というクッションがありますが、インプラントは骨と直接くっついているので咬むと響きます。

 

でも、ほかの治療法の入れ歯やブリッジよりも明らかに優位性があるので、仕方なく選択したのです。

 

ブリッジは昔からある治療法ですが、健全な歯を削らないといけません。
入れ歯は、さほど咬めませんし、毎回洗浄するの面倒だし、年齢的にもノーセンキュー。

こういった理由から、インプラントしか選択肢がなかったのです。

 

つまり、消去法です。

 

何らかの理由で、うっかり歯がなくなってしまった場合は、デメリットのもっとも少ない治療法だと思います。

歯がなんらかすでにダメージを負っている場合は、治療やむなしですが、それよりは自分の無事な歯をどうやって今後も残していくか、戦略を立てて未来に備える、これが優先です。

インプラントだブリッジだ入れ歯だ、というのは戦術です。

 

自分の口を・健康を・未来をどのようにプロデュースするかを考えていくのが戦略ですね。
戦略が先にこないで、戦術である治療法にこだわると迷走するのでどうぞお気をつけて。

 

当院は、患者さんとしっかりと戦略から考え、最適な戦術を提供できるように治療しております。
少しでも悩みを抱えている方は、お気軽にご相談ください。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

The following two tabs change content below.
池村 和歌子

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。予約・お問い合わせはこちら→予約・お問い合わせ

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加