歯医者も歯の栄養状態を診断するのがキモ!本物の医者は共通してます

2015.10.07 by 池村 和歌子

こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

先日、獣医さんの勉強会にお邪魔してきました。

 

なぜ歯医者さんの私が獣医の勉強会って思いますよね?

理由はしっかりお伝えします。

 

ポイントは、栄養療法です!

 

当院も歯の栄養療法には、とても力を入れています。だって、これが根本的に治療するには必要不可欠だからです。

この栄養療法は、歯医者だけでなく、すべての医者に共通するものなんだと、改めて認識できたエピソードをお伝えしますね。

なぜ歯医者の私が獣医の勉強会に?

なぜ歯医者のわたしが、獣医さんの勉強会に参加してきたのか?

それは

  • ・私の飼っているネコの具合が悪いが、既存の獣医さんの診断と治療法に疑問を持ったため
    ・当院と同じ栄養療法を実践している獣医さんを探した結果、栄養療法を実践している獣医さんが見つかり、ちょうどその獣医の先生といつもお世話になっている新宿溝口クリニックのチーフ栄養カウンセラーの定先生とのコラボセミナーが行われるので参加しませんか?と誘われたため

 

です。

IMG_2825

そのセミナーでは、まだ栄養療法を導入していない獣医の先生方が受講していました。

栄養療法の概要を聞いてかなり興味を持った先生が多かったようで、休憩時間

 

A先生『私も胃腸弱いからさっそく新宿溝口クリニック行ってみよっと。
まずは患畜じゃなくて自分で試すわ』

 

B先生『えー、自分で採血して検査したら良いじゃん』

 

A先生『一応、人間用の病院がいい。
人間用の病院行かせてよ(笑)』

 

という会話が聞くともなしに聞こえてきて、うっかり笑ってしまいました。

 

それはさておき。

 

私の猫は、栄養療法を実践している獣医さんがきちんと診ると、既存のクリニックとは病名さえも違っていました。

栄養療法は対症療法ではなく、根本から治そうよ

という治療方針です。

 

歯も栄養状態が治療のキモ

この栄養療法の考え方は、歯医者さんも一緒です。

 

もしかしたらあなたは「歯に穴があいたところをただ削って詰める治療」に慣れているかもしれませんが、それは私は歯の「治療」とは言えないのではないかと思っています。

どうしてそうなったかをきちんと診査診断してから治療する。
これが一番のキモです。

当院は、

「どうしてそうなったか?」

を追及して、二度とつらい目にあわないように患者さんの人生をサポートするのを「治療」と称しているので、「削る治療」に慣れている方は最初はびっくりしちゃいます。

でも、だいたいの方は

「そりゃそうだ。

だって今までだって一生懸命治療に通ってたけど、治るどころか悪くなる一方。

そっか、埋めてるだけで原因がそのままなら悪くなっちゃうよね」

と、今までにない歯医者さんと信頼してくれます。

 

よろしければ、あなたもただ削られるだけではなく、そもそもどうしたら歯を削らなくてすむかご一緒に考えてみませんか?

 

栄養療法を軸に根本から歯の治療をしたい方には、徹底的に相談にのります!

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

The following two tabs change content below.
池村 和歌子

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。予約・お問い合わせはこちら→予約・お問い合わせ

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加