歯医者でインプラントを失敗する事例!1番多いのは以外にもこれです!

2015.09.08 by 池村 和歌子

こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

今日のタイトルは重い…ですね。

 

インプラント失敗例は、
まことしやかにネットでも噂されたり、

「だから怖くて
インプラントなんでできないよ」

と踏み切れない方も多いようです。

 

失敗してしまう要因は、
一つではありません。

 

私が一番感じている
インプラントの失敗例を今日は一つ。

 

それは…

 

患者さん自身の来院が
途絶えてしまうことです。

「なーんだ」って思いましたか?

実はこれ、けっこう多いんですよ。

 

このインプラントの失敗例を
詳しく説明していきながら、
どうしたらインプラントを
失敗しない歯医者さんを見つけれられるか
といったようなことを
お伝えしていきたいと思います。

歯医者がインプラントで失敗する事例の1つ

インプラントをする際に
1本2本のケースであれば、
そこまでたくさん治療内容や
治療期間があるわけではありませんが、

 

  • ・悪い歯が多く
    ・奥歯が右も左もない
    (もしくはグラグラで今にも
    もげそうな歯を無理やり使っている)

 

といったような場合は、
口の中のバランスが
めちゃくちゃになっていて、
それを仮歯や仮の入れ歯で
必死になって維持しながら治療しています。

 

しかし、

 

そのなんとか安定している状態は、
かりそめ」なんです。

 

骨に埋めたインプラントが
顎の骨とくっつくまで、
なんとか他の歯が悪くならないように、

時には割れてしまう仮歯を修理しながら、
歯肉に当たって痛い仮の入れ歯を修正しながら、
なんとか咬めている状態だったりします。

 

 

でも患者さんの中には、

「とりあえず咬めているし、
大丈夫でしょ!」

と治療期間が長くなって、
だんだん通院が面倒?に
なってきてしまう方が
一定数いらっしゃるようです。

 

で、しばらくぶりに仮歯や
仮の入れ歯がめちゃくちゃに壊れて、
シブシブ来院する。

 

すると、口の中の環境が
めちゃくちゃになってしまっているので、
その状態をまともな状態になるように
また一から立ち上げなくてはならず、
そのための治療に時間が割かれてしまう…

 

と、三歩進んで二歩下がるような
治療計画が破綻してしまう方は、
のちの結果まで響いてしまうケースが多いです。

 

これが私が1番感じている
歯医者でインプラントを失敗する
事例の1つとなります。

歯医者さんに相談するのが1番

口の中で人工物を
維持するって結構大変なこと。

 

「インプラントって高いし怖いし…」

とお悩みの方!

 

「歯医者さんにインプラント勧められたけど、
値段分の価値があるのかわからない…」

と考え込んで、
思考停止してしまっている方!

 

インプラントがどうこうということではなく、
自分がインプラントを得て、
どんな人生を送りたいのかを考えて、
選択してみるのも考え方の一つかもしれませんよ。

 

信頼できる歯医者さんに、

 

「自分はどんな人生を送りたい。
そのためにはどんな歯の治療方法があるか」

 

という聞き方なら、よくわからない
術式や金額の話ではなく、
自分にわかりやすい治療計画を
説明してもらえるでしょう。

 

その説明を聞くことが、
実はインプラントを成功させる
1番の近道だったりします。

 

もちろん!

 

当院はしっかりと原因の部分から
治療方法の詳細まで

患者さんにお伝えしております。

 

だって、患者さんには、
安心して治療してほしいですからね。

ちなみに当院のインプラントの流れは、
このようになっております。

 

こちらにインプラントの失敗例や
当院がインプラントセンターと提携しており、
患者様とどのような対話をして、
進めていくかを記載しております。

 

【インプラントの流れ】


当院のインプラントについては、
こちらのページで詳細を記載しております。

神田中央通りいけむら歯科のインプラント治療

 

The following two tabs change content below.
池村 和歌子

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。予約・お問い合わせはこちら→予約・お問い合わせ

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加