「予防歯科」ってよそと何が違うの?

2019.10.09 by 池村 和歌子

当院が行っている「栄養療法を基軸に置いた予防歯科」は、
スウェーデン式の歯周病治療と栄養療法(オーソモレキュラー療法・分子整合栄養医学)を併せたところ
とても良い結果が得られたので推奨しております。
時には血液検査データを拝見したりもしますが、
あくまで歯科ですので、初めてお越しになる患者さんはまず
歯肉の検査を受けて頂き
ホームケア・プロケアを徹底して頂き、そこからスタートです。

土台がないのに色々積み上げてもすぐに崩れてしまいますよね?

日本人にはホームケアやプロケアが必要と教えてもらえるタイミングが実はかなりないのです。
皆無と言っても良いくらい。

治療ができる素地を作るための期間が必要なのです。

口は、歯は内臓です。
当院の場合
「取れたからつけて~」「はいよ~」
とはなりません。

なぜ取れたのか
その前になぜ歯の治療を受けていたのか

そういったことを考察せずに
「取れたからつけて~」「はいよ~」
を繰り返していたら、悪くなる一方ですよね?

それなのに皆さんそうなのです。

なので、当院の場合、
「なぜそうなってきたのか」
を考察してご説明して、今後に備えることに注力しているのです。

定期的に患者さんをクリーニングするだけが予防歯科ではないのです。

もしかしたら、今あなたが通っている歯医者さんは定期的にクリーニングしてくれる日本の中ではちょっと親切な歯医者さんかもしれません。

でも。
定期的に歯科医院でクリーニングしていても、トラブルは起きることでしょう(もちろん何もしないよりもとっても良いことです)。

そんな時は、「なぜ悪くなっちゃうのかな?」
に答えてくれる歯医者さんから話を聞いてみるのもありかもしれませんよ。


web予約はこちら
  

当院ではオンライン診療ができます

※当院の診療方針に同意頂いた方は、Web予約して下さい。

 

当院ではオンライン診療ができます

※当院の診療方針に同意頂いた方は、Web予約して下さい。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加