こんにちは。

神田中央通りいけむら歯科の池村です。

本日のお題は、都内の削らない歯医者さんからみた、歯医者さんで失敗する人の3つの特徴です。

池村が日々患者さんを拝見する中で、悪い結果に邁進する人に共通点があるなと思い書き留めました。今回は辛口です。というか攻撃的?

池村はよく知人から口が悪い(疾患的な意味ではなく)と言われております。

なので、キレやすい方は読まないで下さい(笑)

 

(さらに…)

こんにちは。

神田中央通りいけむら歯科の池村です。

本日のタイトルはこちら。
「神田中央通りいけむら歯科にかからない方がいい方の一例」ですね。

当院は、削らない歯医者として、通常の歯医者さんとは治療方法が異なる場合が多いのです。

 

そこの認識の違いの部分をできる限りしないように、今回は、1つずつ丁寧にお伝えしていきますね。

(さらに…)

当院の患者さんにどんな方に仲間にもらうと良いかインタビューしました。

(顔出しNGとのことですので池村の私物のウルトラセブンさんのパーカーのフードを被って頂きました!暑い季節にありがとうございます。)

やっぱり医療機関なので明るくて優しい方が良いですかね。

当院は予防歯科がメインなので、予防処置のアポイントの日は痛い目見ないのでそんなに憂鬱でもないとは思いますがやっぱりまだまだ「歯科医院はこわいところ」という認識が根強いですかね。

患者さんを笑顔で癒して下さる受付さん、患者さんを笑顔と共に健康に導いてくれる歯科衛生士さん、お待ちしております。

ちなみに池村自身はどんな方を求めているかというとですね、

池村は歯科治療にパラメーターが偏っているので、事務的なことがあまり得意ではないんですよ。その辺得意な方が望ましいかなと思っています。

とにもかくにも医療従事者だという自覚を持って働いてくれる方ですね!お待ちしております。

どんな方に勤めてもらいたいか、当院の患者さんにインタビューしました。
普通にけずるだけの歯医者さんではないので覚えることは多いですが、自分の健康も維持する知識が身に付きます。
どうぞ、一生懸命生きていきたい方、お待ちしております。

神田中央通りいけむら歯科で受付をして頂いたことのある方です。
体調が悪かったので雑用をやってもらいながら栄養療法の勉強をしていってもらいました。
ご本人の体調がどん底だったので少ししかいませんでしたが、患者さんとして引き続き通って頂いております。
神田中央通りいけむら歯科のウラもオモテも見た方から、どんな方が当院に勤めたら良いか、推薦のインタビューを頂きました。

池村が一緒に働いて心地よかった歯科助手さんにインタビューしました。
本当にこういう歯科助手さんを求めています。
そう、例えて言うなら
宋江に対する呉用先生みたいな。
孫策に対する周瑜みたいな。
劉備に対する諸葛亮みないな。
伊達政宗に対する片倉景綱みたいな。
翼君に対する岬君みたいな。
星矢に対する紫龍みたいな。
七代目火影に対する奈良シカマルみたいな。
そんな人材が欲しいんですよね。

8分ほどの動画ですがどうぞご覧ください。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加