2016.06.13

歯ブラシの回数が増えました!

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
Sさんは歯がずきずき痛くて初めて来院なさいましたね。
根管治療が途中のまま放置されていました。
歯は内臓で、しかも放置すると悪くなるしかないという特徴がありますが痛みがないとどうにも忘れがちなものです。
他にも親知らずが炎症を起こしていたり大きなむし歯があったので、なぜ悪くなってしまったのかを一緒に探りましょう!とご提案させて頂き、快諾して頂きました。
健康で生きていくってどういうことなのか、前向きに受け止めて下さいました。

来院をしようと思った決め手・きっかけはなんですか?

歯が痛くなったから。

神田・歯医者で検索した。

歯科ドックを受けた理由はなんですか?

すすめられてから。

こちらの診療方針としてオススメなのだと思ったからです。

トータルに検査ができ予防が大切だからです。

来院してみての感想をお聞かせください。

体質や予防法が分かりました。

ここに来てから新たに虫歯にはなっていないと思います!

歯ブラシの回数が1回→2回になり進歩しました。

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
もはやSさんに痛いところはありません。メンテナンスに移行しました。
過去に治療した歯の金属が取れる等のトラブルは今後あるかもしれませんが、今のところ現状を維持しています。
3か月に一度のメンテナンス時に悪くなっているところがあれば当院の歯科衛生士が発見しますので早期発見・早期治療で神経を抜くほど危険なむし歯にはなりませんし、全身の炎症を誘う歯周病も進行しないでしょう。
この素晴らしい結果はSさんが素直に真面目に取り組んで下さったからです。
ドックネストセメントで削らない治療、口の中で安定している材料であるセラミックの歯を入れる治療を選択なさったのでしばらくは治療は必要ないでしょう。
一緒に予防への道のりを歩いて行けること、、池村も藤井もたいへんうれしく思っています。

体質や予防法がわかり、歯ブラシの回数も1回→2回にになりました。

お客様の声一覧へ戻る
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加