2016.07.01

先生によって治療のレパートリーが違うと初めて知りました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

部分矯正を選択した理由を教えて下さい。

歯を抜いた後、前の歯医者さんでインプラントかブリッジか選択するように言われました。

こちらではインプラントとブリッジの治療法のほかに部分入れ歯か、部分矯正という方法があると説明されました。

実は抜いた歯のさらに奥に親知らずがあったのですが、それをなくなった歯の場所に移動できるというのでやはり自分の歯が良いしブリッジのためによけいに歯を削るのも嫌だったので保険はききませんが部分矯正を選択しました。

前の歯医者さんでは部分矯正なんて一言も言っていなかったので、先生によって治療の技のレパートリーが違うんだと初めて知りました。

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
部分矯正は治療期間が長いのが難点ですが、自分の歯なので安心感がありますね。
できるケースとできないケースがありますが、Fさんは親知らずが余っていたので利用することにしました。
治療期間が長くなるのが嫌な方はインプラントやブリッジを選択なさるとよろしいかと思います。
お客様の声一覧へ戻る
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加