2016.07.06

先生みたいに本当に患者さんのことを考えてくれるドクターが増えたらいいのに!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

最初は被せた歯が取れて来院しました。
最初の問診票で私の飲んでいる薬をみて顔色を変えた先生。食生活や生活環境をたくさん聞かれ、時間をかけて答えました。
子供のころから親がジャンクなものを嫌いでしたし、自分自身健康には気をつかっているつもりでした。
しかし、気をつかう方向性が全く間違っており、むしろ身体を痛めていることがわかりました。
簡易血糖測定器で「血糖調節障害」により諸々の体調不良があるとわかりました。
そして栄養療法のお医者さんも紹介して下さり、今は薬がかなり抜けてきてだいぶ体調が改善傾向です。

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
「酒もタバコもやらないし、甘いものを食べて『おいし〜!!!』って、人生にそのくらいの楽しみがあって良いじゃない!って思ってます」
と、甘いものをやめましょうねとお伝えした時に半泣きでおっしゃった0さん。苦笑いで励ましたのを覚えています。
でも栄養療法のお医者さんのところにも素直に通って頂いて、甘いものは避けられるようになり、体調も改善してきました。
一安心です。

当院の栄養療法をベースにした治療方針について感想をお聞かせ下さい。

歯科クリニックでここまでアドバイスしてもらえるのは珍しいと思います。
口腔の病気(虫歯や歯周病など)も体の病気も、「予防」が何より!そんなことを気づかせてもらえたと思ってます。
先生みたいに本当に患者さんのことを考えてくれるドクターが増えたらいいのに!
お客様の声一覧へ戻る
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加