2016.09.12

まずは歯の状態を全部把握するところから始ま ったので驚いた

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
始めて後田さんのレントゲンを見た時、「歯医者さん、嫌いなんだろうなー」と察しました。
テキトーに削ったらもっと厄介になるお口の状態だったので、歯科ドックで悪くなってきた原因を把握して後悔しない治療計画を立案するために歯科ドックをおすすめしました。

来院する前、どんなお困りごとや不安がありましたか?

以前から左下右下奥歯が交互に痛かったのを、治療せずに市販の痛み止め薬を
服用してだましだまし過ごしてきましたが、3年前についに左右同時に痛くな
り、奥歯で噛めなくなったことから、ようやく歯医者にかかることを決心。
せっかくの休みの土曜に憂鬱な気持ちになりたくなかったので、会社の事務所
の近くで治療したいと思っていたところ、会社の先輩に紹介してもらった。

来院をしようと思った決め手はなんですか?

会社に近いこと。(当時は)
忙しい時期でも、治療後に会社に戻って仕事が出来る距離。
新しく開業した医院で、最新設備で治療が受けられると感じた。

来院してみての感想をお聞かせ下さい。

歯医者特有の削り音があまりしなくて苦痛を感じることは少なかった。
治療台が1台しか無くて、和歌子先生と多美子先生しか居なくて、少数精鋭的
な印象を受けた。

歯科ドックを受けた感想をお聞かせ下さい。

過去に他所で治療受けた時は、行った日のうちに痛い場所を削って、2~3回の
通院で治してもらっていたが、まずは歯の状態を全部把握するところから始ま
ったので驚いた。
正直、痛いところを何とかしてよ、こっちの身にもなってくれ~ とも思った
が、「悪いところを把握して、どのように治療してゆくかを設計します」と言
われた時にすんなり納得した。
メーカ勤めなので「設計」と言われると正確さや精密さを感じてしまう性分な
のかも。
レントゲンだけでなく一眼デジカメでも多角的に写真を撮られ、「設計」のた
めの「現状調査」を抜かりなく行う姿勢にも驚いた。こんな枚数を撮られる被
写体になったことなど無かったから。
過去の他所での治療で、唾液の分泌量を診ることも無かったのでこれも驚き。

担当者より
池村 和歌子
池村 和歌子
今はだいたい治療も落ち着き、3か月に一度の定期健診・メンテナンスでのご来院です。
あの時きちんと向き合ったから今のこの落ち着いた状態があると思っています。
またメンテナンスでのご来院、お待ちしておりますね!
お客様の声一覧へ戻る
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加