service_ttl01
sp_service_ttl01
sp_service01_img01
service03_img01
sp_service03_img01
service03_nav01_offservice03_nav02_offservice03_nav03_offservice03_nav04_on
sp_service03_nav01_off-2sp_service03_nav02_off-2sp_service03_nav03_offsp_service03_nav04_on

service03-4_img02

ホワイトニングとは

⻭の色は、半透明のエナメル質の下の象牙質の色で決まります。歯が黄色いのはエナメル質の表面についた黄ばみと、エナメル質から透けて見える象牙質の色でした。
エナメル質の表面についた黄ばみはクリーニングで取り除けます。これは本来の自分の歯の色以上は白くはなりません。
今まで⻭を⽩くする為の⼀般的なホワイトニングは、⻭の表⾯を荒らし⽩く濁らせて象⽛質の色が透けて見えないようにして⻭を⽩く⾒せていました。
なのでホワイトニング後はむしろ汚れや着色が着きやすく痛みを伴うことが多かったのです。
ところが新たなホワイトニングはエナメル質の結晶(隙間)に⼊り込んでいるステイン(⻭の着⾊)を薬剤で溶かし、表⾯をプラチナポリリン酸という⾝体に無害なコーティング剤でコーティングします。
⻭を荒らすのではなく⾃⾝の⻭はそのままに汚れだけを除去し表⾯をコーティングすることで歯の透明感が増し汚れが無かった綺麗な状態の⻭に近づける事が出来ます。
コーヒー紅茶・赤ワインのステイン(茶渋)・たばこのヤニをつきにくくする効果があります。

 

患者様の声

 

ホワイトニングの流れ

よくある質問

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

sp_service03-4_img02

ホワイトニングとは

⻭の色は、半透明のエナメル質の下の象牙質の色で決まります。歯が黄色いのはエナメル質の表面についた黄ばみと、
エナメル質から透けて見える象牙質の色でした。
エナメル質の表面についた黄ばみはクリーニングで取り除けます。これは本来の自分の歯の色以上は白くはなりません。
今まで⻭を⽩くする為の⼀般的なホワイトニングは、⻭の表⾯を荒らし⽩く濁らせて象⽛質の色が透けて見えないようにして⻭を⽩く⾒せていました。
なのでホワイトニング後はむしろ汚れや着色が着きやすく痛みを伴うことが多かったのです。
ところが新たなホワイトニングはエナメル質の結晶(隙間)に⼊り込んでいるステイン(⻭の着⾊)を薬剤で溶かし、表⾯をプラチナポリリン酸という⾝体に無害なコーティング剤でコーティングします。
⻭を荒らすのではなく⾃⾝の⻭はそのままに汚れだけを除去し表⾯をコーティングすることで歯の透明感が増し汚れが
無かった綺麗な状態の⻭に近づける事が出来ます。
コーヒー紅茶・赤ワインのステイン(茶渋)・たばこのヤニをつきにくくする効果があります。
 

患者様の声

ホワイトニングの流れ

よくある質問

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加