service_ttl01
sp_service_ttl01
service02_img01
sp_service02_img01
service02_nav01_offservice02_nav02_on
sp_service02_nav01_offsp_service02_nav02_on

service2_2_img01_dservice2_2_img02_dservice2_2_img03_dservice02-2_img02

再発を防ぐメンテナンスとは

歯の治療をおこなっても、その後虫歯が再発してしまったり、
半詰め物が劣化してしまったりと、治療後なのにひどくなってしまう場合がよくあります。
当院ではそういった事にならないように、治療だけで終わるのではなく、その後もエアフローや歯科ドック、歯肉マッサージなどといった処方をさせて頂いております。

service2_2_img04_d02

エアフローとは

ジェット水流で細菌を洗い流す(世界のスタンダードな治療法)

service2_2_comic01
service2_2_comic02service2_2_img05_dservice2_2_img06_dservice2_2_img07_d

よく聞く患者様のお悩み事

  • 虫歯を治療してもらっても、また虫歯になってしまう
  • 歯にかぶせてた銀歯が取れてしまい、また新しくかぶせないといけなくなった

患者様の声

お客様の声一覧へ

再発を防ぐメンテナンスの流れ

よくある質問

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

今日クリーニングして欲しいのですが・・・

結論から申し上げますと、保険診療ならば× 自由診療ならば〇です。

保険診療の場合、クリーニングに至るためにはまずレントゲンを撮ったり歯肉の検査をしたりしてあなたは「歯周病」です。と診断名をつけます(診査診断)。
そしてその歯周病の「治療」のために歯石を取ったり歯をクリーニングしたりするのです。
なので「当日クリーニングだけして下さい」は国の定めたルールに沿っていないので不可能です。
昔から通っている歯医者さんで、「あなたの状態はよく知っている」からと検査を省略しているケースが多くあるようですが、正確にはそれは歯科クリニックが保険料を詐取していることになります。
また、予防のためのクリーニングは保険適応外と経済産業省も厚生労働省も見解をしっかり出しています。

さらに申し上げますと、
歯石除去は歯ブラシ歯間ブラシができるようになってからでないと、実は危険です。
歯ブラシ歯間ブラシがきちんとできないのに歯石を取ってしまうと歯肉の血管から全身に菌が回ります(この話は当院の患者さんに初診時のカウンセリングできっちりガッツリお話しています)。歯肉が炎症を起こしているときに歯石を取ると歯肉からもたくさん出血します(よくネットの歯医者さんの悪口で「歯石取ったらめちゃくちゃ血が出るし痛いし取った後冷たいもの沁みるしもうヤダ怖い行きたくない」みたいなご意見を散見しますが、歯ブラシ歯間ブラシをきちんと習得しないで歯石除去するとこのような悲劇が起こりがちです)。
逆に歯ブラシ歯間ブラシがちゃんとできるようになってから歯石除去すると、さほど血も出ませんし痛みもあまりありません。
なので私も昔こんな形の診療をしている歯科クリニックに勤めていましたが
さんざんむし歯削った後に「じゃー歯石でも取って終わろうか」みたいなのが一番罪深いと思っています。

どこに行っても歯肉の出血がおさまらなかったが当院できちんとしたプロトコールに則った歯周病治療を受けた結果たった3か月で出血がおさまったという当院の患者さんのインタビューをぜひご覧ください(9分程度です)。

対して、自由診療(保険外診療)であれば、そのような国のルールからは外れますので当院のアポがあいておりましたら「今日クリーニングしたい」←どうぞー、となります。
(歯石がついていたり歯ブラシがイマイチな場合はまたご提案させて頂きます。)

日本以外の先進国は歯科には予防のために定期的に通う。これ常識!
あなたも先進国の国民らしく、予防のために定期的に歯科を受診しましょう!
こんなこと言ったら細かくいうとなんらかややこしい法律に引っかかってしまうのかもしれませんが、
当院で定期的にバイオフィルム除去を受けてらっしゃる方で新しいむし歯作る人いないですからね(昔詰めた銀が外れるとか昔神経取った歯がトラブル起こすとか、すでに過去治療してある歯は除く。それでもいきなり大変な処置に至るケースはないですね。定期的にプロが見ているわけですから大事に至る前に対処できるわけです)。

当院のバイオフィルムを破壊・除去し歯や歯肉を傷つけないスウェーデン式クリーニング、1万円です。
この4月から21時までクリニック開けているのでお電話もつながりやすくなってます。
迷ったらまずプロに相談!

池村

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

sp_service02-2_img02

再発を防ぐメンテナンスとは

歯の治療をおこなっても、その後虫歯が再発してしまったり、半詰め物が劣化してしまったりと、治療後なのにひどくなってしまう場合がよくあります。
当院ではそういった事にならないように、治療だけで終わるのではなく、その後もエアフローや歯科ドック、歯肉マッサージなどといった処方をさせて頂いております。

よく聞く患者様のお悩み事

  • 虫歯を治療してもらっても、また虫歯になってしまう
  • 歯にかぶせてた銀歯が取れてしまい、また新しく
    かぶせないといけなくなった

患者様の声

お客様の声一覧へ

再発を防ぐメンテナンスの流れ

よくある質問

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

今日クリーニングして欲しいのですが・・・

結論から申し上げますと、保険診療ならば× 自由診療ならば〇です。

保険診療の場合、クリーニングに至るためにはまずレントゲンを撮ったり歯肉の検査をしたりしてあなたは「歯周病」です。と診断名をつけます(診査診断)。
そしてその歯周病の「治療」のために歯石を取ったり歯をクリーニングしたりするのです。
なので「当日クリーニングだけして下さい」は国の定めたルールに沿っていないので不可能です。
昔から通っている歯医者さんで、「あなたの状態はよく知っている」からと検査を省略しているケースが多くあるようですが、正確にはそれは歯科クリニックが保険料を詐取していることになります。
また、予防のためのクリーニングは保険適応外と経済産業省も厚生労働省も見解をしっかり出しています。

さらに申し上げますと、
歯石除去は歯ブラシ歯間ブラシができるようになってからでないと、実は危険です。
歯ブラシ歯間ブラシがきちんとできないのに歯石を取ってしまうと歯肉の血管から全身に菌が回ります(この話は当院の患者さんに初診時のカウンセリングできっちりガッツリお話しています)。歯肉が炎症を起こしているときに歯石を取ると歯肉からもたくさん出血します(よくネットの歯医者さんの悪口で「歯石取ったらめちゃくちゃ血が出るし痛いし取った後冷たいもの沁みるしもうヤダ怖い行きたくない」みたいなご意見を散見しますが、歯ブラシ歯間ブラシをきちんと習得しないで歯石除去するとこのような悲劇が起こりがちです)。
逆に歯ブラシ歯間ブラシがちゃんとできるようになってから歯石除去すると、さほど血も出ませんし痛みもあまりありません。
なので私も昔こんな形の診療をしている歯科クリニックに勤めていましたが
さんざんむし歯削った後に「じゃー歯石でも取って終わろうか」みたいなのが一番罪深いと思っています。

どこに行っても歯肉の出血がおさまらなかったが当院できちんとしたプロトコールに則った歯周病治療を受けた結果たった3か月で出血がおさまったという当院の患者さんのインタビューをぜひご覧ください(9分程度です)。

対して、自由診療(保険外診療)であれば、そのような国のルールからは外れますので当院のアポがあいておりましたら「今日クリーニングしたい」←どうぞー、となります。
(歯石がついていたり歯ブラシがイマイチな場合はまたご提案させて頂きます。)

日本以外の先進国は歯科には予防のために定期的に通う。これ常識!
あなたも先進国の国民らしく、予防のために定期的に歯科を受診しましょう!
こんなこと言ったら細かくいうとなんらかややこしい法律に引っかかってしまうのかもしれませんが、
当院で定期的にバイオフィルム除去を受けてらっしゃる方で新しいむし歯作る人いないですからね(昔詰めた銀が外れるとか昔神経取った歯がトラブル起こすとか、すでに過去治療してある歯は除く。それでもいきなり大変な処置に至るケースはないですね。定期的にプロが見ているわけですから大事に至る前に対処できるわけです)。

当院のバイオフィルムを破壊・除去し歯や歯肉を傷つけないスウェーデン式クリーニング、1万円です。
この4月から21時までクリニック開けているのでお電話もつながりやすくなってます。
迷ったらまずプロに相談!

池村

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加