service_ttl01
sp_service_ttl01
service02_img01
sp_service02_img01
service02_nav01_onservice02_nav02_off
sp_service02_nav01_onsp_service02_nav02_off

service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、
    歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど、痛くてもうするのが嫌

 

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

 

患者様の声

お客様の声一覧へ

歯周病治療の流れ

よくある質問

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

sp_service02-1_img02

歯周病治療とは

以前まで歯周病治療とは、歯石を取るために歯ぐきの中を刃物でガリガリとする方法のために歯や歯ぐきを削ってしまい痛みが伴ってしまっていました。しかし現在ではそういった処置をしても歯石を取りきる事は難しく、また歯根もえぐってしまい知覚過敏の原因になってしまう事も分かっています。
そこで当院では、歯ぐきの中を水洗いしつつ超音波の振動で痛み無く、歯石を砕く歯根には傷をつけない「超音波スケーラー」を使用しています。

よく聞く患者様のお困りごと

  • 口の中を診てもらっていたら、急に歯石を取ると言われ、歯ぐきを抉られた
  • 歯石を取って貰ったけど
    痛くてもうするのが嫌

いけむら歯科では

よく、口の中を診て歯石があるからとそのまま歯石を取る歯医者があります。ですが、歯石取りでも歯茎の中の毛細血管から細菌が体に広がってしまうのでしっかりと殺菌しながら治療する必要があります。そして歯周病治療は菌が対抗し毒性が強くなってしまったりするので、途中で治療をやめる事はしてはいけません。
そのため当院では治療をいきなりするのではなく、歯茎の検査・診断をしてからしっかりと治療方針を決めてその後治療を開始させて頂くようにしております。

患者様の声

お客様の声一覧へ

歯周病治療の流れ

よくある質問

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加