service_ttl01
sp_service_ttl01
service01_img01
sp_service01_img01
service01_nav01_offservice01_nav02_offservice01_nav03_onservice01_nav04_off
 
sp_service01_nav01_offsp_service01_nav02_offsp_service01_nav03_on-2sp_service01_nav04_off

service01-2_img02

このような方におすすめです

  • 麻酔が効いてないのに治療を始められて痛い
  • 麻酔をするのが痛いから、治療をしたくない
  • 歯医者は痛いという印象が強くて怖い

 

痛くない無痛治療とは

service02_img03-2

 

なぜ痛くないの?

麻酔をする際に、まずは表面麻酔をしてから効くまでじっくり待ち、麻酔の注射を致します。その注射も極細の針を使用しますので痛みがありません。麻酔の注射後もじっくりと効くまで待ち治療を始めさせて頂きます。何より当院では削らない治療がメインなので麻酔も必要ではない場合が多いです。※詳しくは削らない治療をご覧下さい。
歯石取りも「超音波スケーラー」といった歯と歯茎を傷つけない器具、その中でも一番痛みも少なく良い物を使用しています。そして、しっかりとテクニックを身に着けているドクター又は歯科衛生士が治療させて頂いております。

 

痛みをどうやって無くすの?

service02_img04-2 service02_img05-2
service02_img06-2
service02_img07-2

患者様の声

よくある質問

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

カリソルブとドックベストセメントの違いはなんですか?

カリソルブは歯のむし歯で溶けてしまった部分をカリソルブという薬でさらに溶かし、スプーン状の器具でかき出すのでドリルを使わないで済むむし歯治療です。

ドックベストセメントは、むし歯で溶けてしまった部分をドックベストセメントという薬を詰めて、殺菌・再石灰化させることによりドリルを使わないで済むむし歯治療です。

当院では歯の形をより失わないドックベストセメントを使用しています。

sp_service01-2_img02

このような方におすすめです

  • 麻酔が効いてないのに
    治療を始められて痛い
  • 麻酔をするのが痛いから
    治療をしたくない
  • 歯医者は痛いという
    印象が強くて怖い

 

痛くない無痛治療とは

sp_service01-2_img03

 

なぜ痛くないの?

麻酔をする際に、まずは表面麻酔をしてから効くまでじっくり待ち、麻酔の注射を致します。その注射も極細の針を使用しますので痛みがありません。麻酔の注射後もじっくりと効くまで待ち治療を始めさせて頂きます。何より当院では削らない治療がメインなので麻酔も必要ではない場合が多いです。※詳しくは削らない治療をご覧下さい。
歯石取りも「超音波スケーラー」といった歯と歯茎を傷つけない器具、その中でも一番痛みも少なく良い物を使用しています。そして、しっかりとテクニックを身に着けているドクター又は歯科衛生士が治療させて頂いております。

 

痛みをどうやって無くすの?

sp_reason1_img06-2
sp_reason1_img07-2 sp_reason1_img08-2 sp_reason1_img09-2

患者様の声

よくある質問

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

カリソルブとドックベストセメントの違いはなんですか?

カリソルブは歯のむし歯で溶けてしまった部分をカリソルブという薬でさらに溶かし、スプーン状の器具でかき出すのでドリルを使わないで済むむし歯治療です。

ドックベストセメントは、むし歯で溶けてしまった部分をドックベストセメントという薬を詰めて、殺菌・再石灰化させることによりドリルを使わないで済むむし歯治療です。

当院では歯の形をより失わないドックベストセメントを使用しています。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加