駆け込み寺的なクリニックです。

2017.07.11 by 池村 和歌子

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

今日は当院を好きになって下さる患者さんの傾向をご紹介しますね。

以前私が出産の時にいらして下さった先生もこうおっしゃってるのですが

「じっくり話を聞いてくれる」「こんなに歯医者さんとお話できたことはない」

「現状と、どうしてこうなってきたかを順序だてて教えてもらえ、今後どうしたら自分の歯を、口という内臓を守っていけるかを指導してもらえる」

「いきなり削られないから安心」「この辺だと削らないところはココ(当院)くらい」

※エキテンの口コミ投稿もだいたい内容はこんな感じですね※

実は歯科医院というところは、ほとんどが零細企業です。

医療法の縛りにより「〇〇歯科」や「△△デンタルクリニック」などの看板しか掲げられませんが、同じような「〇〇歯科」という看板でも社長(院長)の考え方・方針・理念などで治療方針・治療方法が全く違います。

削る治療に忙しい歯医者さんもあれば(日本の場合はこれがほとんどですが)、入れ歯が専門の歯医者さんもある。

当院のようにそもそもなんでこんな事態(歯に穴があく・歯肉がはれた・歯を抜かないといけなくなった)になっちゃったの?を考え、今後の人生に備えるいわゆる予防歯科が得意な歯科医院もあります(定期的に歯医者さんに呼ばれてクリーニングするだけが予防歯科ではないです)。

ひたすら治療を繰り返されて「だんだん自分の歯がなくなってる・・・!」と焦りと怒りを覚えた方が当院にいらっしゃると非常に喜んで下さいます。

一生懸命歯周病を治そうと月に一回歯医者さんにクリーニングに通っているのに全く良くならなくてなんかヘンだなと当院にいらした方も、根本的な治療をして状態が良くなってくると喜んで下さいます。

「それこそ二つとない歯科医院だ!」「こんな歯医者さん、地元にもあれば良いのに!(でもないから神田まで頑張って来ます)」

と言って頂けます。

対照的に、

普通の削る治療を求めて来る方は、話が長かったりなかなか治療に至らないのでイヤになって(飽きて)来院が途絶えるケースが多いです。

というわけで当院のカラーは、「なんか散々削られてきたけどこのままでいいの?他に方法ないの?」と疑問に思った方向けです。

自分の内臓である歯をなんの説明もなく削られることに抵抗がない方は当院の治療方針を好きにはならないのでお気を付けください。

駆け込み先をお探しの方は一度ご連絡下さい。

0355775190

The following two tabs change content below.
池村 和歌子

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加