reason_ttl01 reason1_img01

このような方におすすめです

  • 麻酔が効いていないのに、治療を始められて痛い
  • 麻酔をするのが痛いから、治療をしたくない
  • 歯医者は痛いという印象が強くて怖い
  • ドリルの音を聞くだけでストレス

 

痛くない治療とは?

当院の治療の特徴は、患者さんが感じる痛みをできるだけ抑えた”患者さんの体・心にやさしい治療”です。

治療中の痛み対策から始まり、「栄養療法(オーソモレキュラー療法)」の観点から、歯を削らないで、できるだけ健康な歯を残すための取り組みを行っておりますので、歯医者に苦手意識をお持ちの方でも、安心して治療を受けていただけます。

 

なぜ痛くない治療なの?

なぜ歯の治療の際に、痛みが伴わないのかと言いますと、麻酔をする際に、まずは表面麻酔をしてから効くまでじっくり待ち、麻酔の注射をするからです。

その注射も極細の針を使用しまうので、痛みがありません。麻酔の注射後もじっくりと効くまで待ち、治療を始めさせていただきます。

 

何より、当院では削らない治療がメインなので、麻酔も必要ではない場合が多いです。

※詳しくは削らない治療をご覧ください。

 

歯石除去も超音波を使った「超音波スケーラー」といいう歯と歯茎を傷つけない器具を使用しております。その中でも1番痛みも少なく、いい物を使用しております。

そして、しっかりとテクニックを身につけているドクターまたは、歯科衛生士がカウンセリングをじっくりとさせていただきながら、患者さんに納得のいく治療をさせていただいております。

 

痛みをどうやってなくすの?

当院が、痛くない歯医者として治療ができる理由には、4つのポイントがあるからです。

POINT1:歯を削らない治療

実は、歯が痛くなっては治療するを繰り返しているということは、歯の寿命は短くなります。

つまり、根本的に治っていないということなんです。

歯に穴があいたところを「ただ埋めているだけ」になってしまっているので、その歯は一生穴があいた形のままの方がとても多いです。

 

もちろん、むし歯で歯に穴が空いてしまった場合は、治療せざるをえませんが、空いたままという状態にはならないよう治療しております。

 

当院は、歯を削らない治療がメインなので、滅多なことでは歯を削ることはありません。

ですので、そもそも削る時のドリルの音の不快感や歯を削られる痛みがありません。

POINT2:痛くない麻酔

表面麻酔をしてから、極細の針で麻酔をしますので、痛みはごくわずかです。

麻酔が効くまで、じっくりと待ってから治療させていただきます。

そもそも当院は、削らない治療がメインですので、麻酔が必要ないケースがほとんどです。

 

POINT3:痛くない歯石除去

以前は、歯石除去は刃物でガリガリしていましたが、現在は超音波スケーラーという超音波で歯石を振動させて除去し、歯を傷つけずに歯石を取れるものを使用しております。

水で洗いながら超音波の振動で歯石を除去していく方法なので、痛みがありません。

当院は、「超音波スケーラー」の中でも、1番いい痛みもないものを選んでおりますので、安心して治療することができます。

また、当院の歯周病治療は、最新のスウェーデン式歯周病治療を行っています。これは、歯ブラシや歯間ブラシを徹底してから、歯石除去や口腔内の細菌除去を行っているのですが、これが痛くない歯石除去のキモにもなっています。

POINT4:確かな技術

これは当たり前のことですが、当院では、しっかりと知識やテクニックを身につけたドクターまたは、歯科衛生士が最新の治療法も取り入れながら、担当させていただいております。

最先端のスウェーデン式の治療法や栄養療法(オーソモレキュラー療法)の資格でもある「オーソモレキュラーニュートリションプロフェッショナル」など、患者さんが歯だけでなく、身体の健康を維持できるよう、日々、情報を得ております。

 

ですので、痛くない治療が可能となっております。

 

また、当院は、カウンセリングをしっかりと行っておりますので、

  • ・患者さんがなぜ歯や口が悪くなってしまったのか
  • ・今後どうなってしまう恐れがあるのか
  • ・どのような治療法があるのかの選択肢

 

をお伝えし、患者さんが納得して患者さんに合った治療法をしております。

 

このように当院では、痛くない歯医者として治療をしております。

 

  • ・歯の治療が痛くて怖い
  • ・むし歯の治療は、痛いから嫌だ
  • ・歯を削りたくない

 

という方は、下記から電話または、メールにてご予約ください。

reason_ttl01 reason1_img01

このような方におすすめです

・麻酔が効いていないのに、治療を始められて痛い

・麻酔をするのが痛いから、治療をしたくない

・歯医者は痛いという印象が強くて怖いドリルの音を聞くだけでストレス

 

痛くない治療とは?

当院の治療の特徴は、患者さんが感じる痛みをできるだけ抑えた”患者さんの体・心にやさしい治療”です。

治療中の痛み対策から始まり、「栄養療法(オーソモレキュラー療法)」の観点から、歯を削らないで、できるだけ健康な歯を残すための取り組みを行っておりますので、歯医者に苦手意識をお持ちの方でも、安心して治療を受けていただけます。

 

なぜ痛くない治療なの?

なぜ歯の治療の際に、痛みが伴わないのかと言いますと、麻酔をする際に、まずは表面麻酔をしてから効くまでじっくり待ち、麻酔の注射をするからです。

その注射も極細の針を使用しまうので、痛みがありません。麻酔の注射後もじっくりと効くまで待ち、治療を始めさせていただきます。

 

何より、当院では削らない治療がメインなので、麻酔も必要ではない場合が多いです。

※詳しくは削らない治療をご覧ください。

 

歯石除去も超音波を使った「超音波スケーラー」といいう歯と歯茎を傷つけない器具を使用しております。その中でも1番痛みも少なく、いい物を使用しております。

そして、しっかりとテクニックを身につけているドクターまたは、歯科衛生士がカウンセリングをじっくりとさせていただきながら、患者さんに納得のいく治療をさせていただいております。

 

痛みをどうやってなくすの?

当院が、痛くない歯医者として治療ができる理由には、4つのポイントがあるからです。

POINT1:歯を削らない治療

実は、歯が痛くなっては治療するを繰り返しているということは、歯の寿命は短くなります。

つまり、根本的に治っていないということなんです。

歯に穴があいたところを「ただ埋めているだけ」になってしまっているので、その歯は一生穴があいた形のままの方がとても多いです。

 

もちろん、むし歯で歯に穴が空いてしまった場合は、治療せざるをえませんが、空いたままという状態にはならないよう治療しております。

 

当院は、歯を削らない治療がメインなので、滅多なことでは歯を削ることはありません。

ですので、そもそも削る時のドリルの音の不快感や歯を削られる痛みがありません。

POINT2:痛くない麻酔

表面麻酔をしてから、極細の針で麻酔をしますので、痛みはごくわずかです。

麻酔が効くまで、じっくりと待ってから治療させていただきます。

そもそも当院は、削らない治療がメインですので、麻酔が必要ないケースがほとんどです。

 

POINT3:痛くない歯石除去

以前は、歯石除去は刃物でガリガリしていましたが、現在は超音波スケーラーという超音波で歯石を振動させて除去し、歯を傷つけずに歯石を取れるものを使用しております。

水で洗いながら超音波の振動で歯石を除去していく方法なので、痛みがありません。

当院は、「超音波スケーラー」の中でも、1番いい痛みもないものを選んでおりますので、安心して治療することができます。

また、当院の歯周病治療は、最新のスウェーデン式歯周病治療を行っています。これは、歯ブラシや歯間ブラシを徹底してから、歯石除去や口腔内の細菌除去を行っているのですが、これが痛くない歯石除去のキモにもなっています。

POINT4:確かな技術

これは当たり前のことですが、当院では、しっかりと知識やテクニックを身につけたドクターまたは、歯科衛生士が最新の治療法も取り入れながら、担当させていただいております。

最先端のスウェーデン式の治療法や栄養療法(オーソモレキュラー療法)の資格でもある「オーソモレキュラーニュートリションプロフェッショナル」など、患者さんが歯だけでなく、身体の健康を維持できるよう、日々、情報を得ております。

 

ですので、痛くない治療が可能となっております。

 

また、当院は、カウンセリングをしっかりと行っておりますので、

  • ・患者さんがなぜ歯や口が悪くなってしまったのか
  • ・今後どうなってしまう恐れがあるのか
  • ・どのような治療法があるのかの選択肢

 

をお伝えし、患者さんが納得して患者さんに合った治療法をしております。

 

このように当院では、痛くない歯医者として治療をしております。

 

  • ・歯の治療が痛くて怖い
  • ・むし歯の治療は、痛いから嫌だ
  • ・歯を削りたくない

 

という方は、下記から電話または、メールにてご予約ください。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加