「治療」が一日で終わっちゃって良いの?[無痛治療・削らない治療・感染対策なら神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2015.10.30 by ミリオネア

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

本日のタイトル 「治療」が一日で終わっちゃって良いの?

これですね。
患者さんに必ずお話することですし、ブログでもたびたびお話しているのですが、

だいたいの日本人はなにかトラブルがあって歯医者さんに来るわけですよ。
で、むし歯だったとします。歯に穴があいていますね。
「一日で終わる治療」って、一見、患者さんにとって次回来院しなくて良いうれしい治療と思うかもしれません。

で、これも何度もお伝えしていますが、ものごとって、原因があって結果があるわけです。
歯に穴があいた(結果)←これを埋める・詰める。治療終了(原因放置)。

実はこのような「治療」を受けている方が二重三重に口の中にトラブルを起こし続けているわけです。

でも患者さんはだいたいそれを治療した歯医者さんに「これでOK!」と伝えられているので
そっか。OKなんだ!
と、なぜむし歯になったかもわからないままに日常に戻ってしまうわけです。

当然むし歯になった原因は放置なのでまたむし歯になります。
それは同じ歯の詰めた隙間からむし歯になるのかもしれないし、隣の歯に新しくむし歯ができてしまうのかもしれないし。
あなたのかかっている歯医者さん、根本的な原因を突き止めてその原因を排除してあなたが再びむし歯で苦しまないようにしてくれる知識と技術がある歯医者さんだと良いですね。

当院は、原因追及を先にしてから治療に入るのをおすすめしています。


神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加