ソサイエタル・マーケティングという言葉 [神田中央通りいけむら歯科 神田・日本橋]

2011.11.14 by ミリオネア

歯医者の技術的な勉強だけでなく、社会人として一般常識も勉強していかないといけないなあと思い色々な経営の本だとか経済の本だとかを読むようにしています。
専門外のことはとても難しいのですが、『ソサイエタル・マーケティング』という言葉を知りとても感銘を受けました。
顧客のニーズや欲求に応える事で企業が利益を得ても、長期的に見ると顧客の幸福を損なう可能性がある場合。
個人の利益と社会的利益に矛盾が生じる場合。
資源問題・環境問題もからまり、企業は社会的利益と顧客志向の併立・併存を模索する必要がある。
ざっとこのような内容でした。
歯科においては患者さんが顧客であり企業というのが歯科医院にあたるわけです。
神田中央通りいけむら歯科では長期的にみて患者さんの利益にならない処置はたとえ患者さんが望んだとしてもお断りしたいと思っています。
患者さんの目先の満足や神田中央通りいけむら歯科の目先の利益よりも患者さんの将来の健康を気遣うことの方が正しい医療機関の姿勢だと思うからです。
また、歯の詰め物や被せ物も様々な点で優れているので金属よりもセラミックをお勧めしていますが、資源問題・環境問題からみても金属は限りある地球の資源なのでやはりセラミックを選択して頂きたいのです。
時代によって正しいとされる事が変わると思いますが、神田中央通りいけむら歯科は今の時代の正義に則って患者の皆様の健康の道標になるべく努力し続けていこうと思います。
日本橋室町の神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加