[閲覧注意]口腔内カメラ、使える子です。[虫歯の写真があります] [神田中央通りいけむら歯科 神田・日本橋]

2011.11.09 by ミリオネア

先日購入した口腔内カメラ、早速患者さんのお口の状態を撮ってはお見せして、現状と治療計画を説明しています。
我々は見慣れていますが、患者さんにステイン(着色)がたくさんついた歯石や金属の下で虫歯になってしまった黒い歯を見て頂くと結構ショックを受けるみたいです。
「痛くないからいーや!」
ではなくきちんと治療が終わり、憂いがない健康な状態になれるまで頑張って頂く動機付けに一役買えれば、と思います。
ブログ用
この写真は金属を除去した歯を上から撮ったものです。
歯が黒くなっています。
歯と詰めた金属の境目から虫歯菌が進入し、また虫歯になってしまったのです。
いわゆる2次カリエスですね。
虫歯は放置したら進行してどんどん溶けていってしまうので削りますが、この歯はどうして削られ金属を詰められていたのか、残った歯の寿命をどれだけ長くしてあげるか、を考えて治療しています。
これは歯ぐきの中まで虫歯が進行してしまっているので被せる前に引っ張ってあげないといけません。
どんな歯も、各々役割があって存在しているので大切に扱ってあげることが必要です。
そして1本1本の歯だけが独立してあれば良い訳ではなく、口腔全体が一器官として働けるように調和する歯でなければなりません。
One for all. All for one.
なんだか金八先生みたいになりましたが、きちんと機能する口腔であってはじめてお食事がきちんととれる、健康で豊かな人生がおくれる。
そう思っています。
日本橋室町の神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加