歯が痛い人の共通点 [無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.12.17 by ミリオネア

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
迫りくる年の瀬、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
神田中央通りいけむら歯科では急に痛くなってしまった方の対応に追われています。

毎年思うのですが、お盆前と年末は痛くなる方が多いですね。
長期休暇の前に今までごまかしていた歯の痛みや違和感を解決するためにシブシブお見えになる方が多いです。

何度でも言いましょう!
痛くなってから来るとお金も時間もかかります。
以下、痛くなってから歯医者さんに来院するデメリットを列挙しますね。
1、痛い思いをする。むし歯や歯周病という「病気」も痛ければ、痛い「病気」の治療も痛い。
2、痛い=悪い なので来院期間・来院回数・治療費ははね上がる。
3、まず痛みに対処する応急処置なのでクリーニング後の治療に比べて治療の精度が下がる。
4、痛いとまともにモノが考えられないので日常生活に支障が出る。歯医者の先生の説明もろくに頭に入らない。
5、予定外だったので仕事が押してしまう。職場・同僚にも迷惑をかけてしまう。
6、予定外の治療費の出費で悔しい思いをする。
7、応急処置の結果多少痛みが引いてくると、なぜ痛くなったのかを応急処置に追われた歯医者さんから説明を受け損ねているか説明を忘れているかもしくは意識的に頭の片隅に追いやっているので通院がおっくうになり再度放置してしまう。

振り出しに戻る。
振り出しどころかもっと悪くなっています。
その時は助けられたかもしれない歯でも時間がたてばもう抜歯するしかない状態にまで追いやられていることもあります。

口の中は内臓です。
口の中が悪い状態だと血管やリンパに細菌が侵入して、様々な病気をおこします。最悪、死にます。
歯が悪ければ入れ歯にすれば良いと思っている方、甘いです。
入れ歯は歯肉が痛くて咬めない方が多いのです。
一般的な平均の金額ですが、入れ歯を入れている方は入れ歯が痛いので入れ歯安定剤・入れ歯を消毒するための入れ歯洗浄剤で月々3000円程度出費しているそうです。
さして咬めもしない残念な入れ歯に月々3000円。残念な出費ですね。
ちなみに入れ歯洗浄剤を使わないと入れ歯にカビ生えますから。

当院の熱心な患者さん(まだお若い女性)に、「あなたはなぜまだお若いのに歯について一生懸命なのですか?」「どこから情報を入手して気を付けようと思ったのですか?」
と訊きました。他の認識が甘い方に口の大切さを伝える参考になるかと思ったので。
すると彼女は
「おじいちゃんを介護してたけど、おじいちゃん入れ歯にカビ生えて肺炎になって死んだ。口怖いと思った」

あなたは賢く健康で一生を過ごす方ですか?
それともその場限りでごまかしながらどんどん歯が悪くなって、口の中だけでなく全身病気まみれになって医療費や介護サービスを食いつぶし、若い世代のお荷物になる方ですか?

神田中央通りいけむら歯科は自身の健康に興味を持って元気に生きていこうとする賢い方のサポートを率先して行っております。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加