安易に歯を削った結果の切ない話 [無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.11.07 by ミリオネア

implant03_2
こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
実は、私はブリッジをあまり好きではないのです。
橋をかけた歯は荷重負担が大きくなり、寿命が縮みます。
なくなった歯の肩代わりを他の歯にさせると、その分ダメになる率が高いのです。
1本歯を失ったら、両隣を削ってブリッジに。これは「失った1本を補償する為に両隣を巻き込んでいる」んです。
問題のあった歯が1本→3本になってしまうんですよね。
そして、ダメになる歯が多く、何本も連結されたブリッジを入れてらっしゃる方。
これが悲しいくらいに悪くなってしまっています。
歯は、1本1本使命があってそこに生えているわけですが、1本がだめになったからといって他の歯にその分の負担を強いると、まったく健康な状態よりも寿命は短くなります。
ダミーの歯の下は磨けませんしね。裏側はブリッジの素材がセラミックでもなければバイオフィルムがべったり付いている事がほとんどです。
確かにオペは怖いかもしれませんが、処置される歯を最小限に抑えお口の中の環境をなるべく崩さない様にするにはインプラントはかなり有益だと思います。
現に私もインプラントですし。
歯医者が選択するのがインプラント治療です。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加