前歯が取れる![無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.11.06 by ミリオネア

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
めっきり寒くなってきましたね。

今日のタイトル、前歯が取れる!についてお話します。
先に結論を言うと、奥歯がないからです。インプラント治療をおすすめします!

では始めます。
前歯が何度も取れる人。
それは前歯に詰めたプラスティックでも、前歯に被せた差し歯でも、被せた銀歯に盛ったセラミックやプラスティックでもです。
なぜ取れるのか。
あなた、もしかして奥歯がないのではないでしょうか?
奥歯がないと前歯に咬む力がもろにかかって、詰め物被せ物は取れます。もげます。
つまり、前歯がちょこちょこ取れているあなたは奥歯を作れば良いのです。

ただし、一般的には入れ歯(義歯)だと、構造上、咬んでも歯肉が柔らかいので沈みこみます。
つまり、しっかりした奥歯のかみ合わせを確保するには至らないということです。
特に咬む力が強い男性の場合は入れ歯だとぎゅうぎゅう咬んで入れ歯が歯肉を圧迫してとても痛いです。
するとどうなるか?
結局、がっちり咬まないように入れ歯のかみ合わせを甘くします。すると結局前歯に負担がかかります。
また、どうしても入れ歯よりも自分の歯で咬みたがるのでやはり前歯で食事をしようとして前歯に負担がかかります。
つまり、奥歯がなくなって→前歯に負担がかかって前歯がしょっちゅう取れる→かみ合わせを確保したくて入れ歯をいれたとしても→入れ歯は咬んだら歯肉に沈み込む・入れ歯が乗っている歯肉が痛い・前歯で咬みたい、という理由で→やはり前歯は取れてきます。
詰め物被せ物をしていない自分の歯であっても、歯が欠けたり、すり減ってやたら短い歯になったり、前歯がぐらぐらになったり、出っ歯になったりします。

奥歯がなくなって、前歯がおかしくなってしまった場合、奥歯にインプラントを入れてかみ合わせを確保しないと残っている歯は咬む力でどんどんダメになっていきます。
ダメになっていく歯は加速度的に増えます。
この状態を、たとえばおみこしにたとえてみましょうか。
最初、28人で担いでいたおみこし。
誰かが疲れて倒れてしまいます。つまり担ぎ手が減ります。
一人当たりの負担が増えますね。
すると当然疲れる速度も速くなります。
そこでまた誰かが倒れるのです。
これが繰り返されているのです。
当然、残った人数でおみこしを担ごうとしても長時間は無理ですし、残った人数が少なくなればなるほど疲労も大きくなり、バタバタ倒れて、いずれだれもいなくなるのです。

ブリッジだろうが入れ歯(義歯)だろうが、担ぎ手が減ったことに変わりはありません。
担ぎ手を再び増やすにはインプラントしか今のところないのです。

あなたは、前歯がしょっちゅう取れていませんか?
とりあえず着けて・・・をくりかえしているとその歯でさえも助けてあげられる状態ではなくなってしまうかもしれません。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加