で、結局キシリトールって良いものなの?[無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.10.25 by ミリオネア

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日はキシリトールガムの話をしますね。
1.キシリトールそれ自体の話
2.歯科専売品のキシリトールガムとその辺で買えるキシリトールガムの違い

まず1から。
確かに悪くないんです。
キシリトールはむし歯菌の栄養にならない甘味料なのとガムを噛むことで唾液がたくさんでることがメリットです。
むし歯菌はキシリトールを食べても栄養にできずにばたばたと倒れていきます。歯の表面にべったりとついているバイオフィルムがはがれやすくなるといううれしい効果もあります。
ただ、キシリトールを摂取すると血糖値が上がってしまうんです。
糖尿病治療している方や糖尿病予備軍の方は悪化させてしまうことがあるので要注意です。
血糖コントロールがうまくできなくなる妊娠中も要注意です。

次に2ですね。
歯科専売品のキシリトールガムは甘味料はキシリトール100%ですが、そこら辺でテキトーに購入したキシリトールガムはキシリトール含有ですが他のモロモロが混入しています。
粗悪なものはキシリトールと、砂糖が入っています。これではむし歯予防にはならないですね。 
砂糖を入れないためにその他の人口甘味料がたーんと入っているものが主流でしょうか。
写真 (2)
これはコンビニでくじ引きして当たったので頂いてきたボトルに入ったキシリトールガムなのですが・・・。
「アスパルテーム」「アセスルファムカリウム」「L-フェニルアラニン」「スクラロース」「ネオテーム」・・・・
ワルで有名なモノのてんこ盛りです。
興味のある方は是非ネット検索をしてみて下さい。「アスファルテーム クリントン」なんて検索キーワードがおすすめです。
またカロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側という本もおすすめです。
最近裏側の本ばっかり読んでます。そして凹みます。でも読んじゃう。
知らないと危険物を回避できませんからね。

それはさておき、今日の結論
むし歯予防に松竹梅があるとしたら、キシリトールは梅であると思っています。なぜなら健康な人は良いのですが、糖尿病の治療中の方や血糖コントロールが悪い状態の方は血糖が上がってしまうから。副腎疲労の原因にもなります。むし歯予防にはなるけどね。
そしてキシリトールを利用するなら歯医者さんで購入しましょう。なぜなら市販品はキシリトールだけではなく危険な(国は許可している人口甘味料ですが調べると体に入れたくありません)人口甘味料がもれなく混入しているから。


神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加