今昔、根管治療。 [神田中央通りいけむら歯科 神田・新日本橋]

2011.08.31 by ミリオネア

昔は良かれと思ってされていた治療が、今は禁忌。
医療の現場では良くある事の様です。
本日の根管治療の今昔は、根管洗浄について。
根管とは、歯の神経があった場所です。
根管治療は神経を取る事になった場合や、すでに神経を取った後に細菌に感染してしまった場合に必要になります。
そして根管治療とは簡単にいうと根管をきれいにすること。
つまり根管治療に根管洗浄は必須なのです。
昔は根管洗浄って、スポイトに入れた次亜塩素酸ナトリウムとオキシドールで根管を洗っていました。
根管治療の教科書にも載っていた事です。
しかし最近は、オキシドールに発がん性がある事がわかったらしく世界的に使用されていないそうです。
私がセミナーや勉強会にしょっちゅう出席するのは、こういった新しい情報を得る為なんですね。
新しい情報は昔習っていた教科書には載っていませんから。
常に国際基準の治療を心がけています。
ご自分の歯を大事になさりたい方、神田中央通りいけむら歯科にご相談下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加