歯医者さんが通いたくない歯医者とは?[無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.08.25 by ミリオネア

皆様こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
1ヶ月くらい前の話でしょうか?
うちのスタッフが
歯医者さんが通いたくない歯医者
をテレビでやっていて、それをフェイスブックで話題にしている方がいたと目撃証言をしてくれました。
気になったので画像を検索。
見つかりました。こちらです。
歯医者No1
今日は1位についてお話しましょうか。
まず、この
「歯科助手に歯石を取らせる」
実はピンと来ない方が割りと多くいらっしゃるようで・・・。
フェイスブックで話題になさっていた方も
『え?歯石って歯医者さんが取らないとダメなの?いつも女の人がやってくれてたケド・・・』
という反応だったそうです。
歯科衛生士、という職業の認知度の低さを嘆いてみる池村です。
実は歯医者さんの中にいる人で患者さんのお口に触れるのは国家資格を持つ歯科医師と歯科衛生士だけです。
歯科衛生士と歯科助手の違いががぱっと見わからないクリニックもあるので気になった方は是非聞いてみて下さい。
歯医者No2
歯科医師というのはすでに悪くなってしまった方を治療します。
しかし歯科衛生士は、歯周病の治療を歯医者さんと協力しながら治療もするのですが、彼女達の本来の仕事は予防です。
まだ病気になっていない方を悪くならないようにする、治療が終わって良い状態になった方をまた悪くならないようにする、それが歯科衛生士の仕事です。
しかし日本人の8割が治療が目的で歯医者さんに来るという現実。
治療の忙しさで本来の予防の仕事を後回しにしてしまう歯科衛生士も多いようです。
日本人がもっと歯科衛生士さんを活用できるようになれば日本の国庫を圧迫している莫大な医療費を相当節約できるようになります。これは断言します。
そして、神田中央通りいけむら歯科は歯科衛生士さんが本来の予防という仕事をしっかりしている歯医者さんです。
治療より予防のほうが痛くないし(そりゃそうですよ。痛い病気になっていない段階なんですから)、絶対あなたの人生にお得です。
痛い・取れたと症状が出る前に是非ご来院してみて下さい。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加