細菌から鉄を奪う [無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.07.16 by ミリオネア

皆様こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日は歯周病と腸内細菌のお話をしてみます。
ちょっと面白いと思いますよ。
歯周病って、歯肉から血が出るじゃないですか。
で、その歯肉から出た血を毎日飲み込んでいるのですが、その血が腸まで行くと、その血に含まれている鉄分で腸内の悪玉菌が繁殖してしまうんですよ。
病原菌(ブドウ球菌や大腸菌、カンジダ(コレは真菌ですが))が成長・繁殖するのに鉄を利用しています。
つまり、歯周病を放置すると腸内の悪玉菌を応援してしまう事になるんです。
皆様、おなかの調子、最近いかがですか?
やっぱり歯周病は全身に悪影響ですね。
そこで、ラクトフェリンですよ。
ラクトフェリンは 「鉄結合性糖タンパク質」。強力な抗菌活性を持つので有名なんです。
細菌の増殖に必要な鉄を細菌から奪うので感染防御に有用です。
母乳・特に初乳に多く含まれる事で有名です。
ラクトフェリンは様々な会社がサプリメントを出していますが、普通のサプリメントでは胃で溶けないで腸で溶けるように腸溶加工をされているのでラクトフェリンが変性し本来の活性を失っているものが多いそうですが、当院で扱うドクターズサプリは活性を殺さないように腸溶加工をしていません。
その分胃で分解されないように飲む時間は胃酸が出ていない時期を見計らって服用します。
私も服用していますがおなかの調子がかなり良いです。これは実際体感しないとわかりにくいものでしょうか。お勧めです。
ちなみによくある「もしかして自分も歯周病?チェック」みたいなのは(当院のHPにもチェックリストがありますが)、「歯みがきしたら歯ぐきから出血する」という項目がつきものですが、正直皆様歯医者さんに来て初めて正しい歯みがきを知るカンジなので、「オレは歯みがきしても血が出ないから大丈夫」とは思わないで下さいね。
定期的に歯医者さんにクリーニングに通っていない方はまあまず間違いなく歯周病だと思って下さい。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加