海外の日本人の評判[無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.07.14 by ミリオネア

皆様こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
実は、私コーチングを受けておりまして。
というのはまだまだ日本人の健康に対する意識が低いので、もっと多くの方に歯の大切さを伝えるにはどうしたら良いかを模索するためにコーチを付けているんです。
神田中央通りいけむら歯科にいらっしゃる方で、同じ説明でも響く方とまったく行動を変えて下さらない方がいらして、せっかく予防歯科重視のウチの歯医者に来てるのにもったいないなーと思うことが多々あるので、アプローチを変えたらもっと多くの方に健康になってもらえるかしら?とコーチを付けました。
そんな中、アメリカでも活躍されているコーチでもあり、セミナー講師でもある井口晃さんとおっしゃる方(何度かこのブログでもご紹介しているのですが)が、アメリカで様々な方とお会いする中で、やはりけっこうな頻度で
「なんで日本人は歯が汚いの?歯並び悪いし歯は黄色いし、口臭がある人も多い。先進国なのになんで?」
とつつっと寄ってきてこそこそっと質問される、とおっしゃってました。
わー・・・。やっぱり?
日本の子がアメリカやオーストラリアに留学した結果、皆歯がキレイで急に恥ずかしくなって歯列矯正を始める事が多いともよく聞きます。
そうすると「なんで今矯正?子供の頃は(矯正治療も出来ないくらい)貧困だったの?」と訊かれるそうです。
銀歯もそう。銀歯なんて錆びるものを口に入れているのは日本人くらいです。
普通に考えて内臓に金属が入っていて良いはずがありません。
海外でギョッとされています。
そういえば太平洋戦争の時、「日本人はむし歯が多くて金歯がたくさん入っている」と東南アジアで散った日本人のご遺体からよく米兵が金歯を引っこ抜いていたという話も聞いたことがあります。
国民病ですね。
足や鼻が溶け始めたら大騒ぎですが、歯は溶けても騒がれない不思議。
なぜでしょう?
皆さん歯はむし歯になるもの・年齢がいったら入れ歯になるもの、という誤解があるようです。
きちんとメンテナンスをしておけばその歯、一生使えますから。
メンテナンスが必要、という事を知らなかった結果が今だと思うのです。
でもそれはあなたのせいではありません。
だって今まで誰も教えてくれなかったのですから。
でも、知ったら、メンテナンスしてあげて下さい。
大事なあなたの大事な身体です。
遅すぎるという事はありません。
知って、大事にしようと思った時点がスタートです。
プロの我々がサポートしますよ!
是非一度ご相談下さい。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加