そもそもなぜ歯医者さんを神田に作ったのか。[無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.03.19 by ミリオネア

皆様こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日はそもそもなぜ私か歯医者さんを開業したかをお話させてください。
歯医者はコンビニの数より多いと言われているのに。
私よりも治療が上手なベテランの歯医者さんはたくさんいる。それでもあえて開業したのは。
予防歯科をもっと一般的にしたい。
患者さんに自分の健康が壊れる前に、「患者」になる前に来てほしい。
悪くなってしまってもさらに悪くならないように行動してほしい。
そんな思いからです。
「町には歯医者さんがあふれている」
でもね、歯医者が多いったって、それは昔ながらの治療のスタイルで一日100人とかガリガリ削る場合だと思うんです。
削らない方法もあるんです。
まともに処置しようと思ったら1日100人なんて到底無理。
まともな治療をしようと思ったら国民の数に対して今の歯医者の数は少ないくらいだと私は思っています。
私には夢があります。
日本人がもっと健康に興味をもって行動するようになること。
口腔衛生の先進国であるスエーデンのように予防歯科が浸透し、結果日本の膨れ上がる医療費を削減していけること(病気の人がいるのに医療費をただしめつけるのではなく、健康な人が増えた結果の医療費削減です)。
医療費は増えすぎて我々の税金で補填されているんです。
歯や口に気をつかえば内科的疾患もかなりの確立で回避できることはもうわかっているんです。
それを実現したいんです。
その理想の社会は私だけが妄想しているわけではなく、何十年も歯周病という概念が存在しないころからがんばっている先生方がいらっしゃいます。
それを発展させていけばいいだけ。
予防歯科歯周病の勉強会に行けば会場には毎回たくさんの歯医者や歯科衛生士が来ています。
だから達成されないわけがない。
日本人が健康になれないわけがない。
そしたら莫大な医療費補填に取られていた税金が別の大切な国家運営にまわせるんです。
そしたら国の借金なんてすぐ返せてしまうかも。
まずは今、一生懸命働いて現在の日本を作ってくれているビジネスマンの健康を取り戻したい。
そんな思いでこの神田に歯医者さんを作りました。
歯科ドックも歯肉マッサージやリンパマッサージを取り入れたクリーニングも、そんな思いを実現するために作ったメニューです。
どうか、「歯なんてなくても生きていけるよ」「仕事があるから・子供にお金がかかるから」なんて言って自分のケアを後回しにするなんておっしゃらないで下さい。
ご自愛なさることが家族のため、周囲のため、ひいては日本のためなのですから。
大切な日本の人財のあなたへ・・・
今日はちょっと熱い思いがほとばしりすぎちゃいましたかね?
気恥ずかしいです。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加