よくある質問FAQ

質問をクリックすると回答が出ます

削らない治療

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

カリソルブとドックベストセメントの違いはなんですか?

カリソルブは歯のむし歯で溶けてしまった部分をカリソルブという薬でさらに溶かし、スプーン状の器具でかき出すのでドリルを使わないで済むむし歯治療です。

ドックベストセメントは、むし歯で溶けてしまった部分をドックベストセメントという薬を詰めて、殺菌・再石灰化させることによりドリルを使わないで済むむし歯治療です。

当院では歯の形をより失わないドックベストセメントを使用しています。

痛くない治療

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

カリソルブとドックベストセメントの違いはなんですか?

カリソルブは歯のむし歯で溶けてしまった部分をカリソルブという薬でさらに溶かし、スプーン状の器具でかき出すのでドリルを使わないで済むむし歯治療です。

ドックベストセメントは、むし歯で溶けてしまった部分をドックベストセメントという薬を詰めて、殺菌・再石灰化させることによりドリルを使わないで済むむし歯治療です。

当院では歯の形をより失わないドックベストセメントを使用しています。

再発を防ぐメンテナンス

痛くない治療をして欲しい

歯医者さんで痛い目を見る場合はむし歯治療のための麻酔や削る治療、歯石除去、など数パターンあります。

当院では

1、麻酔が必要な場合は針を刺すところをじっくり表面麻酔

これは一日に何人も患者さんを削っている歯科医院では省略されている場合も多いです。また、一応表面麻酔を歯肉に塗ったとしても塗ってすぐに針をさすとやはり痛いです。

当院では5分ほど表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔の注射をするので「麻酔されてたの気付かなかった!」と良く言われます。

2、削らない治療もあるから痛い目を見ようがない。

ドリルを使わないケースもあります。診断によっては治療が必要でないむし歯もあります。

3.痛くない状態にしてから歯石除去

歯肉が腫れている状態で歯石を取るから痛いのです。そして痛い思いをして無理やり歯石を取っても歯ブラシ・歯間ブラシができていなかったらすぐまた歯石がつきます。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができて歯肉が引き締まってから歯石を取れば痛みはありません。

きちんと歯ブラシ・歯間ブラシができていれば一度歯石をとればさほど歯石がつかなくなります。

治療法も大切ですが、なぜその歯に治療が必要になったかを考えることが痛い思いをして治療を受ける機会を減らします。

今日クリーニングして欲しいのですが・・・

結論から申し上げますと、保険診療ならば× 自由診療ならば〇です。

保険診療の場合、クリーニングに至るためにはまずレントゲンを撮ったり歯肉の検査をしたりしてあなたは「歯周病」です。と診断名をつけます(診査診断)。
そしてその歯周病の「治療」のために歯石を取ったり歯をクリーニングしたりするのです。
なので「当日クリーニングだけして下さい」は国の定めたルールに沿っていないので不可能です。
昔から通っている歯医者さんで、「あなたの状態はよく知っている」からと検査を省略しているケースが多くあるようですが、正確にはそれは歯科クリニックが保険料を詐取していることになります。
また、予防のためのクリーニングは保険適応外と経済産業省も厚生労働省も見解をしっかり出しています。

さらに申し上げますと、
歯石除去は歯ブラシ歯間ブラシができるようになってからでないと、実は危険です。
歯ブラシ歯間ブラシがきちんとできないのに歯石を取ってしまうと歯肉の血管から全身に菌が回ります(この話は当院の患者さんに初診時のカウンセリングできっちりガッツリお話しています)。歯肉が炎症を起こしているときに歯石を取ると歯肉からもたくさん出血します(よくネットの歯医者さんの悪口で「歯石取ったらめちゃくちゃ血が出るし痛いし取った後冷たいもの沁みるしもうヤダ怖い行きたくない」みたいなご意見を散見しますが、歯ブラシ歯間ブラシをきちんと習得しないで歯石除去するとこのような悲劇が起こりがちです)。
逆に歯ブラシ歯間ブラシがちゃんとできるようになってから歯石除去すると、さほど血も出ませんし痛みもあまりありません。
なので私も昔こんな形の診療をしている歯科クリニックに勤めていましたが
さんざんむし歯削った後に「じゃー歯石でも取って終わろうか」みたいなのが一番罪深いと思っています。

どこに行っても歯肉の出血がおさまらなかったが当院できちんとしたプロトコールに則った歯周病治療を受けた結果たった3か月で出血がおさまったという当院の患者さんのインタビューをぜひご覧ください(9分程度です)。

対して、自由診療(保険外診療)であれば、そのような国のルールからは外れますので当院のアポがあいておりましたら「今日クリーニングしたい」←どうぞー、となります。
(歯石がついていたり歯ブラシがイマイチな場合はまたご提案させて頂きます。)

日本以外の先進国は歯科には予防のために定期的に通う。これ常識!
あなたも先進国の国民らしく、予防のために定期的に歯科を受診しましょう!
こんなこと言ったら細かくいうとなんらかややこしい法律に引っかかってしまうのかもしれませんが、
当院で定期的にバイオフィルム除去を受けてらっしゃる方で新しいむし歯作る人いないですからね(昔詰めた銀が外れるとか昔神経取った歯がトラブル起こすとか、すでに過去治療してある歯は除く。それでもいきなり大変な処置に至るケースはないですね。定期的にプロが見ているわけですから大事に至る前に対処できるわけです)。

当院のバイオフィルムを破壊・除去し歯や歯肉を傷つけないスウェーデン式クリーニング、1万円です。
この4月から21時までクリニック開けているのでお電話もつながりやすくなってます。
迷ったらまずプロに相談!

池村

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

初診の方

施術の時間はどのくらいかかりますか?

処置により当然違います。

初診時      来院してからクリニックを出るまで約1時間かかります。

一般的な保険診療 約30~45分程度です。

メンテナンススタンダードコース 約1時間です。

スモーカーコース(ヤニ取り)  約90~120分程度です。

ホワイト二ング  約1時間程度です。

歯科ドック    合計3時間検査(3時間まとめて1dayでも1時間を3dayでもかまいません)、10日前後頂いて2時間結果報告のお時間を頂いております。

インプラント   約3時間程度です。

 

今日クリーニングして欲しいのですが・・・

結論から申し上げますと、保険診療ならば× 自由診療ならば〇です。

保険診療の場合、クリーニングに至るためにはまずレントゲンを撮ったり歯肉の検査をしたりしてあなたは「歯周病」です。と診断名をつけます(診査診断)。
そしてその歯周病の「治療」のために歯石を取ったり歯をクリーニングしたりするのです。
なので「当日クリーニングだけして下さい」は国の定めたルールに沿っていないので不可能です。
昔から通っている歯医者さんで、「あなたの状態はよく知っている」からと検査を省略しているケースが多くあるようですが、正確にはそれは歯科クリニックが保険料を詐取していることになります。
また、予防のためのクリーニングは保険適応外と経済産業省も厚生労働省も見解をしっかり出しています。

さらに申し上げますと、
歯石除去は歯ブラシ歯間ブラシができるようになってからでないと、実は危険です。
歯ブラシ歯間ブラシがきちんとできないのに歯石を取ってしまうと歯肉の血管から全身に菌が回ります(この話は当院の患者さんに初診時のカウンセリングできっちりガッツリお話しています)。歯肉が炎症を起こしているときに歯石を取ると歯肉からもたくさん出血します(よくネットの歯医者さんの悪口で「歯石取ったらめちゃくちゃ血が出るし痛いし取った後冷たいもの沁みるしもうヤダ怖い行きたくない」みたいなご意見を散見しますが、歯ブラシ歯間ブラシをきちんと習得しないで歯石除去するとこのような悲劇が起こりがちです)。
逆に歯ブラシ歯間ブラシがちゃんとできるようになってから歯石除去すると、さほど血も出ませんし痛みもあまりありません。
なので私も昔こんな形の診療をしている歯科クリニックに勤めていましたが
さんざんむし歯削った後に「じゃー歯石でも取って終わろうか」みたいなのが一番罪深いと思っています。

どこに行っても歯肉の出血がおさまらなかったが当院できちんとしたプロトコールに則った歯周病治療を受けた結果たった3か月で出血がおさまったという当院の患者さんのインタビューをぜひご覧ください(9分程度です)。

対して、自由診療(保険外診療)であれば、そのような国のルールからは外れますので当院のアポがあいておりましたら「今日クリーニングしたい」←どうぞー、となります。
(歯石がついていたり歯ブラシがイマイチな場合はまたご提案させて頂きます。)

日本以外の先進国は歯科には予防のために定期的に通う。これ常識!
あなたも先進国の国民らしく、予防のために定期的に歯科を受診しましょう!
こんなこと言ったら細かくいうとなんらかややこしい法律に引っかかってしまうのかもしれませんが、
当院で定期的にバイオフィルム除去を受けてらっしゃる方で新しいむし歯作る人いないですからね(昔詰めた銀が外れるとか昔神経取った歯がトラブル起こすとか、すでに過去治療してある歯は除く。それでもいきなり大変な処置に至るケースはないですね。定期的にプロが見ているわけですから大事に至る前に対処できるわけです)。

当院のバイオフィルムを破壊・除去し歯や歯肉を傷つけないスウェーデン式クリーニング、1万円です。
この4月から21時までクリニック開けているのでお電話もつながりやすくなってます。
迷ったらまずプロに相談!

池村

予防歯科とはなんですか?

予防歯科とは、口腔内疾患をあらかじめ防ぐための取り組みのことです。

狭義の予防歯科は健康な歯をむし歯や歯周病などの病気にさせないための歯科医院での処置やおうちでご自身で行って頂くホームケアのことです。

もっと大きな枠でみると、むし歯や歯周病などをすでに発病してしまい治療済みの口の中の再発を防ぐための処置やホームケアも含みます。

さらに大きな枠でみると、お口は内臓なのできちんとした手入れをあらかじめしておくとお口だけにとどまらず全身疾患も予防できます。予防「歯科」ですが、「歯科」だけではない効果を上げることができます。
例えば、最近は免疫力に腸内環境が大きく関わっていることがわかってきていますが、腸の上流は口なのです。
情報が早い、勉強していらっしゃる医科の先生は『そういえば腸内環境よくするためには口…口の中ってどうなってんの?』と歯科に興味を持って下さっています。
○○科、△△科、とたくさんありますが、あなたの身体は一つ。身体はつながっているのです。口の中の環境が悪ければ全身に影響を及ぼしますし身体のどこかが悪ければ口の中も当然悪くなります。

もうお気付きでしょうか?
予防歯科とは、定期的に歯科医院に来院してクリーニングするだけのモノではないということです。
当然定期的に来院して歯科衛生士のプロケアを受けることは必須条項。おうちでご自分で行って頂くホームケアも必須条項。
けれど、本当の予防歯科とはあなたの健やかで楽しい人生を守るための知識と行動の事なのです。
それは歯科医院だけが頑張っても達成できませんし、患者さんだけがやる気であってもきちんと患者さんをサポートできる歯科医院が寄り添わないと達成できません。

日本以外の先進国は、歯科医院といえば健康の維持増進のために通うところです。

あなたが今、どんなにむし歯だらけでも、歯周病により口が臭くて同僚に眉を顰められていても、合わない入れ歯で毎日のお食事が楽しくなくても、一歩踏み出せば予防歯科は始められます。

あなたも予防歯科、始めてみませんか?

普通の保険治療もしていますか?

はい。
当院は保険医療機関ですので保険診療、いたしております。
しかし、「表面麻酔をして欲しい」「歯を保険の範囲でプラスティック詰めて欲しい」などのご要望が最初からある場合は、もしかしたら当院でなくても良いかもしれません。

というのも、保険診療というのは国が定めたルールに則り、全国どこでも同じ治療を同じ金額で受けられるものです。
使う材料や治療方法などかなり細かく決まりがあります。

当院の場合、そのルールにはない治療法や材料など、レパートリーを多く取り揃えております。
患者さんのその時の状態に最も適した方法・歯科材料を提案するので、保険診療の場合もあるし、保険がきかない自費診療の場合もあるということです。場合によっては歯を削らずにむし歯を進めない歯みがきの仕方や再石灰化を進める歯磨き粉、むし歯を進めないためのケアの方法を提案するかもしれません。

「保険の範囲だとどの程度まで治療できるの?」「いつもかかっている歯医者さんで言われた治療法以外になんかない?」「もう抜かないとこの歯はダメですって言われたけど本当にそうなの?」と訊きたい場合はご相談にのります(院長カウンセリング1時間¥10800。セカンドオピニオンは保険適応外です。)が、
最初から「保険診療のみで」と決めていらっしゃる場合はわざわざ神田までいらしていただかなくともご自分の通いやすい歯科医院の方がご都合がよろしいのではないかと思います。

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

歯周病治療

歯石取りに何度も歯医者さんに通うのが面倒です。

たしかにお忙しいのに何度もこまめに歯医者さんに通うのは大変ですね。

保険診療で歯周病の治療のために歯石を除去するには実は細かいルールがあります。

それは国が定めているルールなので厳密に守られなければいけません。

そのルールに則って歯周病を治療すると、一度にすべての歯石は取れません。

1日にここからここまで歯石を取って良い。とルールで決まっているのです。

「忙しいなかそんなに時間はとれないよ」と思った方。

当院ではまとめてお口の中の歯石を取り、クリーニングも一緒に行う方法もございます。

ご自分の都合を我々にお伝え下さい。適切な提案を致しますのでどうぞご相談下さい。

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

ホワイトニング

ホワイトニングとクリーニングの違いはなんですか?

とても簡単に言うと、ホワイトニングとは自分の本来の歯の色以上に白くする処置です。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行う)とホームホワイトニング(ご自宅で毎日行う)とデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う)があります。

白くする薬剤を選ばないと歯を痛めます。

当院のプラチナポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずむしろコーティングして歯に色がつきにくくなります。

対して、クリーニングとは、口の中にはびこる細菌を除去することです。

歯周病菌やむし歯菌を疾病を起こさない程度の量まで減らします。

クリーニングする際に歯の表面の目立つ着色汚れも取れますので本来のご自分の歯の色に戻れます。

細菌はクリーニング後にもまた細胞分裂して増えますので定期的なクリーニングが必要です。

当院のクリーニングはグリシンパウダー(有機質の微粉末)を使用したエアフローという機械で歯の表面や歯肉溝の中を歯や歯肉を傷付けないでバイオフィルム(細菌の塊や細菌の膜)除去を行います。

歯周病治療先進国のスウェーデン式の歯を痛めないクリーニング方法です。

栄養療法

医療用サプリメントだけ売ってもらえませんか?

結論から申し上げますと、当院の患者さんでない方にはお譲りできません。

医療用サプリメントは処方になります。

当院が患者さんのお口の中を拝見して、必要であると判断した結果おすすめしているものです。

初診でかかられてからご要望下さい。

栄養療法とはなんですか?

身体の不調は身体を作る栄養素不足であるケースが多くみられます。

身体を元気にする食事、ダルく病気がちにしてしまう食事、違いをお話して元気になるお食事の摂り方をおすすめしています。

食事を改善することでお口の中の状態が直接的にも間接的にも大きく改善するケースが多いからです。

食事でとり切れない分は高濃度の栄養素を身体に足してあげる方法もお話します。

お口は内臓ですので栄養素を足してあげることで大きく改善するケースが多いです。

栄養素を足してあげると同じ一つの人間なのでお口だけでなく全身状態もつられて良くなるケースが多いですが、他の臓器でお悩みの方は栄養療法をなさっている他科の先生にご紹介を差し上げております(例:内科・婦人科等)。

歯科ドック

歯科ドックは受けた方が良いですか?

歯科ドックは口の中の状態が特に悪い方に初診時におすすめしています。

もちろん受けないという選択もありますが、今起きているトラブルは今後の更なるトラブルの引き金となるケースが多いです。

なぜ今口の中の状態が悪いのか?

・お口の中に細菌が多いから?

ではなぜ細菌が多いのか?歯みがきが単純に下手なのか?それならば歯みがきを徹底すれば良いですが、そうでない場合が多いです。

細菌が繁殖する生活環境なのか?むし歯菌が多いのか歯周病菌が多いのか?むし歯菌と一言に言ってむし歯にしてしまう菌とむし歯を進めてしまう菌と、別にいます。歯周病菌も特に悪質なものもあります。

・かみ合わせが悪いのか?

それはもともとなのかそれとも歯を削り被せていくうちに本来のかみ合わせから逸脱してしまったのか?ではなぜ過去そんなにたくさん歯を削られて銀をたくさん被せられているのか?主に咬んでいるのは右?左?歯ぎしり食いしばりはしてる?

様々な考察をしてから治療計画を立てて治療を始めます。

歯みがきが下手なわけではないのに延々と歯みがき指導を繰り返しても患者さんは治りません。

悪いかみ合わせで銀が取れたのに同じようにまた銀を詰めても必ずまた取れます。

悪くなってきた原因もわからないままにとりあえず詰める・被せる、とりあえず歯石を取るなどの対症療法を繰り返すと、繰り返すたびに歯はなくなっていくのです。

歯科ドックでは、現状をみて過去を振り返り、なぜ悪くなってしまったのか原因を探り、原因を除去して良くなるためにはどうしたら良いのかを考察し、患者さん自身にもご自分の状態を知って頂き未来に備えます。

歯が悪い方におすすめしています。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加