3月11日、震災の日とテニスの王子様。[無痛治療・削らない・予防歯科・栄養療法実践クリニックの神田中央通りいけむら歯科 神田駅・新日本橋駅]

2014.03.11 by ミリオネア

皆様こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日は歯医者さんとはまったく関係のない話です。
本日あの関東東北大震災から丸3年です。
ここ神田も大きく揺れて、ビルの窓が割れて道路に落ちたり道路のブロックがずれてボコボコになったりしてたいへん不安な思いをいたしました。
ちょうどあの日は午前中に待ちに待った宅急便が届いた日でした。
当時一緒に働いていた歯科助手さんが、趣味のお友達と集まってテニスをすることになったと。
そこに一緒に参加する子がテニスの王子様という漫画の山吹中学のジャージを来て参加するので歯科助手さんもなにかテニスの王子様のジャージで参加しないか?
と誘われたそうです。
そこでその歯科助手さんはアニメイトというアニメグッツや漫画を専門に取り扱うお店に出向きテニスの王子様のジャージを購入しようとしたがどうにも安っぽいものしかなかったので購入を悩んでいると打ち明けられました。
その話をきき、私はすぐにインターネットでコスプレ衣装を扱う通販サイトを調べ、歯科助手さんの気に入った青春学園のジャージを通販してあげたのでした。
その青春学園のジャージが届いた当日に震災が起きてしまいました。
あの日はとても寒く、そして道は割れた窓ガラスやらビルから落ちた看板やらで危険な状態。
帰宅難民になった歯科助手さんの私服はかわいいおしゃれなワンピース。
歯科助手さん、かわいいワンピースの下に青春学園テニス部の青いジャージを着用しました。
寒いし足を出していると危ないですからね。
そして深夜に復旧した交通網で私は帰宅できる状況になったので、帰宅できない歯科助手さんを自宅に連れて帰ったのでした。
青学テニス部ジャージをまとった歯科助手さんをね。
翌朝、歯科助手さんはやはり青学テニス部のジャージをまとって自宅へ帰りました。
寒いし足を出していると危ない状況は変わらないので。
震災のドサクサで本来の目的のテニスイベントはなくなってしまったようですが、ジャージとしての機能を遺憾なく発揮できたのでした。
3/11はあの青く光るジャージを思い出します。
後日談として、歯科助手さんが震災翌日に青学テニス部ジャージをまとい自宅に帰宅した際、隣家の奥様がその姿を目撃し
「歯科助手ちゃんは青春学園テニス部だったのねー」
とからかわれたそうです。
今その歯科助手さんは子育て中なのですが、本当に大好きなので落ち着いたらまた一緒に働きたいなあと思っている次第です。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加