こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

さて、来年の1月の話になりますが、池村は栄養療法を実践している歯科クリニックとして実績を買って頂き栄養療法を臨床に導入したい歯医者さん向けのセミナーに講師としてお呼ばれされました。
開業当初から栄養療法を併用してそもそも削らない方法を患者さんにお伝えしたり、スウェーデン式の歯周病治療で患者さんの身体に負担なく歯周病を治療したり、治療の水に殺菌水を使用して院内の飛沫感染を阻止したり、当院色々やってますが。
今回はその柱の一つ。
栄養療法の知識を患者さんの治療に応用すると、削らなくても良い歯がいっぱいあること・そもそも歯科治療が必要にならなくなることをセミナーを聞きにいらした歯医者さん達にお伝えしたいと思います。
歯を削るのが歯医者さんの仕事ではなく(まあ必要あれば削るんですが)国民の健康を守るのが本来の歯医者さんの仕事なので、『削らないこと』を選択しても患者さんには嫌われないんだよ。むしろもっと感謝されて嬉しいんだよ、というのが伝われば、全国にもっともっと削らない歯医者さんが増えますよね。
それって歯を削られずに健康を維持できる国民がもっと増えるってこと→拡大するばかりの医療費の縮小が見込める活動です。
これは世直しです。
世直しの第一歩なのです。
と、いうわけで気合い入れて11月くらいからパワーポイントの作成に着手!
いつもぎりぎりだから・・・早めに着手して推敲しておかないとね!
OMD実践編

こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

実は当院ではインプラントオペをする前に患者さんに血液検査をしてもらうんですよ。

なぜなら、おんなじ処置をしているにも関わらず、栄養状態の悪い方は治療がうまくいかないからです。
インプラントが骨とうまくくっつかずに取れてしまったり、(インプラントの症例ではないですが)同じように生えてる親知らずを同じように抜歯しても20代後半の女性はすぐに治り「全然痛くなかったです!」と言ってくれるのに、子宮筋腫を長年患っていて毎月の出血量が多く重度の鉄欠乏性貧血の40代後半の女性はドライソケットという傷が治らずに痛い目をみてしまったり…。

「同じ処置をしているのになぜこの患者さんは治って、この患者さんは治らないんだろう…?」とずっと疑問に思っていました。
栄養療法を勉強するまでは。
その患者さんに身体を、細胞を治す材料がないと処置の術式が同じであっても治らないということです。

で、インプラントオペの前は感染症を調べる意味も込めて血液検査をするようにしました(本当は抜歯の前にも血液検査を導入したいですが歯科なので血液検査保険きかないんです。だから大きな処置の前だけ。でも最近は会社で一年に一回行われる血液検査のデータを項目が少ないですが参考になるのでどんな処置の前にも持ってきて見せてもらってます)。
栄養療法では60項目以上のデータをみます(一般の血液検査では多くてせいぜい13項目程度)。

すると動脈硬化があるとか脂肪肝だとかたんぱく質欠乏だとか鉄欠乏だとかがわかるので「これは傷が治りにくいな…」「感染しやすそう…」などがわかってくるので対策を講じてもらいます。
要するに歯科の治療の成功率を上げるために患者さんに生活改善をしてもらうわけです。

で、先日動脈硬化のリスクを強くお伝えした患者さん。しばらくお見えにならなかったわけです。
治療計画がものすごく遅れたわけですがそれはさておき、お久しぶりに来院なさったら、「脳血管切れて大変だった」と教えてくれました。
医科にかかっている際に当院の血液検査の分析と生活改善の話が頭をよぎっていたそうです。
「もっと早く神田中央通りいけむら歯科にかかっていたら病を得ることはなかった…」と思ったそうですよ。

なかなかねー。実際病気してみないとわかんないもんですよね。
「リスクがあるよ!」とお伝えしてもピンとこないんですよね。

とはいえ事実は事実。血液嘘つかない。
ぜひその患者さんには生活改善していってもらって健康長寿を満喫して頂きます。

こんな歯科治療も結構面白いでしょ?
むし歯なりやすい人も知覚過敏に悩んでいる人も歯周病重度になりそうな人も血液検査でけっこうわかっちゃうんですよ。

興味ある方はどうぞ当院にご相談下さい。

こんにちは。
神田中央通りいけむら歯科の池村です。

実は当院ではひっそりと多い治療。「部分矯正」です。
患者さん皆さんに当てはまるわけではないので料金表にも載ってないかな?
例えばこの口コミの方のように前歯一本だけ変になっちゃった(さっさと乳歯抜いておけばよかったのに子供がビビって乳歯抜かせてくれなかった結果永久歯が変な方向に生えてきた)とか、まだ抜ける時期ではない乳歯があるので永久歯が斜めに生えてきちゃった、とか(この場合は永久歯に邪魔にならない程度に乳歯をちょっと削って永久歯がまっすぐ生えるように手助けしてあげる、とかやったりしてます)。
成人であれば、これまた特殊ケースですがめっちゃ歯並び悪い人の歯が一本ダメになり抜歯→はみ出て余っている歯を抜いたところに動かしてなんとなくきれいな歯並びに。
とか、
奥歯ダメになっちゃったから抜歯→親知らずあるから順繰りにずらしてなんとなくきれいな歯並びに。
とか。
おとなの場合はかみ合わせの最終調整は少しだけ歯を削ったりしますがね。
本格的な全顎矯正(だいたい100万くらい)と違いその部分だけをいじるのでお値段はお手頃です。
前歯は成人でもすぐ動きます(1~2か月程度)が奥歯は時間かかります(2年くらい…)ね。

人によって治療法はさまざまです。
治療法は、利点欠点双方あります。でも、それは患者さんが選べます。
杓子定規に全部削ってたら歯なんてすぐなくなっちゃいますからね。

自分も部分矯正が適応になるかどうか気になる方はどうぞご相談下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加