こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

当院、場所柄ビジネスパーソンが多くいらっしゃいます(ホームページを細かく読み込んで痛くない治療を求めて埼玉や千葉からいらして下さる方もいらっしゃいます)

で、ビジネスパーソンは転勤もまた宿命・・・。

当院でメンテナンスをなさっていても遠方へ転勤するので「もう来られません」と足が遠のいてしまう方もいらっしゃいます。

そんな中、西日本に転勤なさった方からお久しぶりのメンテナンスのお電話。

「なかなか良い歯医者なくて。ちょうど東京に出張だからクリーニングの予約します。やっぱり、良い病院との出会いって運だよね」とのこと。

はい喜んで^^お帰りなさ~い^^

違いがわかってもらえて嬉しいです。

当院の普通の歯医者さんとの違い

1、治療の水が殺菌水で安心・安全

2、歯や歯肉を傷つけないクリーニング

3、そもそも「治療」が必要なくなる栄養療法

おおまかには3つくらいですかね。

細かい治療のテクニックは枝葉の部分です。

本当に、運というか、縁というか。

ご理解頂いて一生懸命通って下さる患者さんには本当に感謝です。

我々が一生懸命勉強したことをつたなくお伝えしているのですが、ご理解いただけて本当に頭の良い方々だなあと日々尊敬しています。

辛い「治療」が必要なくなる歯医者 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

本日はちょっと自慢話。

当院の患者さんが、当院の理念に触れて
「歯科衛生士になる!」
と一念発起。
私は最初は止めました。
だって、歯科衛生士って、勤め先の院長の良し悪しで衛生士としての成長が大きく左右される。
歯科委員はほぼほぼ零細企業なので福利厚生もなかなかショボい。
OLさんとは話がちがうよって。

けど、彼女の決意は固く、来年度から歯科衛生士専門学校に通うこととなりました。

せっかくなので当院でバイトしてもらうことになりました^^

皆さん、将来の歯科衛生士さんを応援してあげて下さいね^^

ちなみに当院の歯科衛生士は誇りを持って患者さんの人生を守るんだって日々活躍していますし、そのモチベーションで一緒に土日もセミナー参加したりしてます。

クリニックとして「患者さんを健康にする!」」という理念を共有していれば、「毎日同じでつまらない」「院長がやってくれない」なんて不平不満を言う暇なんて、なくなっちゃいますからね^^

痛みのない人生へ 神田中央通りいけむら歯科

 

 

こんにちは。

先日、

「早く咬ませてくれる歯医者が良い歯医者さん」

という発言を聞いて、ものすごくがっかりした神田中央通りいけむら歯科の池村です。

まあ、知らないから仕方ないかもしれませんがね。

なんで咬めなくなったのか、その原因・経緯を調べもしないで早く歯を被せたり入れ歯を作ったりしてもそれは砂上の楼閣。

原因はそのままなので再び口の中が崩れるのも時間の問題なのですよ。

あいうべ体操の今井先生とおっしゃるお医者様は「歯科が大事」とおっしゃって下さるのですが、まだまだご存じのお医者様は少ないと感じています。

また、今井先生のようなお医者様のお声かけで歯科に来院頂いても、自分の仕事は歯を削って詰めたり被せたりすることだ。とかたくなに信じていらっしゃる歯医者さんにかかってしまうとそれもまた悲劇。

本日当院にお越しになった患者さんに「自分はこのような安心・安全な歯医者に来られて縁が良い」とおっしゃって頂きました。

まあ、ご縁、なんでしょうね。

「この歯医者にたどり着けて私は本当に運が良い」とおっしゃって下さる方もいらっしゃいます。

運もあるでしょうね。

外からみたら「歯科医院」「デンタルクリニック」しかわからないですから。

そこの先生がどんな治療が得意か、どうやってその方の人生のクオリティを高めるか、看板には書かれていませんから。

身体に良い治療 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

先日ですね、当院で右下の親知らずを抜いた方がいらしたのですよ。斜めになってちゃんと生えていないヤツです。

周囲の方に「下の親知らずは絶対腫れる」「私も大変だった」 と相当脅されたようです。 私も下の親知らずは腫れやすいですよとお伝えしていました。

でもね、一週間後に抜歯の時に、「相当覚悟して臨みましたが全然腫れませんでしたしまったく痛くなかったです」 と言って頂けました^^

「私が名医で良かったですねー」なんて言いましたが(笑)

実は下の親知らずを抜く時に痛くならない・腫れないようにするコツがあるんです。 最重要なのは骨をなるべく削らないこと。

骨を削ると腫れます。 親知らずは抜いた後どうせ捨てるので骨を削らずに歯を削って抜くのがコツですね。

もう一つは削る時に出てくる水。 当院は治療の際に出てくる水に殺菌水を採用していますので、雑菌が傷に入らず安全に外科処置ができます。

実は殺菌水のおかげで、当院の治療用のいすに座って、治療用のいすから出てくる水でお口をゆすぐだけでもけっこう口の中殺菌されているんですよ。

実はうれしい付加価値ですね^^

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

土曜・日曜と連日栄養療法のセミナーでしたよ!

しかも両日ONPという栄養療法の資格持ちの当院の歯科衛生士と一緒^^

これね、栄養療法を実践している先生方に羨ましがられるんです。

院長だけが栄養療法に傾倒してもスタッフの意識が昔の医療のままだと患者さんに伝えきれない。

また、当院のONP資格持ちの歯科衛生士いわく、ONP仲間からは「栄養療法を理解している院長と働けるなんて羨ましい!」と言われるそうです。

スタッフがいくら栄養療法を勉強しても院長の無理解があるとクリニックでは実践できませんからね。

当院、けっこう最強じゃない?なんて自画自賛です^^

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

ネットでよく見る歯医者さんの嫌なところ上位の

「何回も通わないといけないから面倒」

これね、何回も通わないといけない理由は患者さんの状態と、保険診療のルールと、おおむね2つの原因があります。

まず一つ

「患者さんの状態」ですが、例えば、治ってないのに通院やめると後日ますます悪くなります。

例えば昔私が目撃してドン引きしたケースをご紹介しましょう。

昔私が本当にペーペーだったころに勤めていた歯科医院で事件は起こりました。

過剰に診療をしてしまう先生がいらしたのです。

その先生は歯の神経の治療(根管治療といいます)で、歯の根っこから膿がじゃばじゃば出ているのに歯の神経の治療を終了してむりやり歯の土台を作り被せるために型取りしてました。

つまりどういうことかというと、その歯はせっかく銀歯を被せても後日必ず痛くなりますし、もっとひどい状態になります。

それでも治療はやったことになるので、診療代はきちんと払わなければなりません。

でも後日必ず悪くなるけどね。

その先生は患者さんには「早く治療してくれる良い先生」と評判良かったですね。

その先生は1年未満でその診療所を退職し、残った我々が後日ひどい治療をされた患者さんたちのフォローに当たったわけですよ。

「あの先生に裏切られた」と泣いてる患者さんもいましたね。

歯は内臓です。

機械のように部品交換で済む例はあまりないですね。

するべき治療を無理やりショートカットしようとしても、後日もっと面倒で厄介なことになります。

「なぜ私は通わないといけないの?」と歯医者さんに質問して、自分が将来同じ歯で苦しまないように時間をかけるべきところはきちんとかける方が結局のところ最短の時間で済むでしょう。

 

もう一つの保険診療のルールについてはまた後日!

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

あなたが歯のトラブルから解放されない理由。
それは、「歯の治療」しかしない歯医者さんに通い続けているからです。

「え?どういう意味?歯医者さんは歯を治療するところでしょ?」
と思いますか?

実は、歯医者さんは歯を削るところではなく歯を守るところなんですよ。
そして、日本には今現在、「自分の仕事は歯を治療することだ」と勘違いしてらっしゃる歯医者の先生が多いです。
そういった「歯の治療」大好き先生にずっとかかっていると、永遠にはを治療され続けて。ついには「治療」する歯がなくなってしまうのです。

神田中央通りいけむら歯科には、「もう!治療した歯がまた悪くなった!・・・もしかしてコレ、エンドレス?自分の歯が削られ続けてなくなっちゃう!」
と危機感を覚えてご自分なりに一生懸命調べてお越しになる方が多いです。

神田中央通りいけむら歯科では、
・今後どうやって再治療を少なくしていくか(そもそもなぜ今までむし歯になって削られてきたのか)
・一生健康で美しくいられるためには何をして何をしないのが良いのか
をお伝えして、患者さんの健康を通して人生を守る、が理念です。

テキトーになんだかよくわからないままに削られてきて、「今後自分の歯ってどうなっちゃうんだろう・・・」
と不安な方はご相談下さいね。
きっと今まで黙って削られてきたのがバカバカしくなると思いますよ。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加