こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

あなたは口内炎、できやすいですか?
私は子供の頃よくできてしまって、しょうゆがしみてお刺身を美味しく食べられなかったり大好きなトマトがしみて辛かったりしましたよ。

今は、あまりできなくなりました。
一つは、口の中に繁殖する細菌の数を増やさないように気を付けているから。
これは歯みがきと定期的なクリーニングですね。

もう一つは、口腔粘膜を強くする。
どうしたら口腔粘膜が強くなるか?
それは、栄養です。
細胞はタンパク質でできています。
そして我々は動物なので動物性タンパク質を多く摂って下さい。
そしてその摂ったタンパク質を消化・吸収して自分の細胞に組み上げるのに必要なビタミン・ミネラル類も必要です。
栄養を摂ってあげると口内炎はかなり改善されます。

ちなみに、「地図状舌(ちずじょうぜつ)」という疾患というか現象というか、舌がまだら模様になってしまう状態があるのですが、これもほぼ栄養不足からくるものでしょう。
歯科の教科書には「原因不明。病気でもないからほっとけ」と書いてありますが、これは舌の表面の粘膜を修復できずにいる状態です。

栄養療法を実践している歯医者にかかれば、自分では気づかずにいる内在している疾患にも気づいてもらえ、未病のうちに生活改善ができるでしょう。

栄養療法を実践クリニック 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

水素、はやってますねえ。
水素水もあちこちで売られているのを見かけます。
でも・・・本当に水素入っていますかね?

当院で扱っている水素水は水素が溶存していること、ORP検査が最高ー570(平たくいうと身体のサビ取りをしてくれるものかどうか)というすごい数字をたたき出していることを確認しているのです。

他の水素水も気になっちゃうな~。調べちゃえ!!!
ということで、今のところ2つの水素水をチェック。
アルミ缶の中に入っていたのはかなり水素濃度高かったです。当院で扱っている水素水の2倍くらいの溶存濃度でした。
ORPははかり忘れてしまいました・・・><
200円くらいで売られていたペットボトルに入っている「水素水」は水素入ってませんでした。
やっぱりペットボトルからは水素逃げてしまうんですね。
ORP測定は+110。うーん。酸化しちゃいます。

水素水に限らず、「健康に良い」と言われているものもでも調べてみると
・・・っあ。察し。
というものも多いなあと。
ORP測定器が当院に来てから色々測定してみてますが、実感しております。


神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

先日初めて当院にお越しになった患者さん。
患者さんというと語弊があるかも。ケアにいらした方なので。
その方はずっとエアフローで口の中のメンテナンスをしていたのですが、日本橋に転勤になったのでエアフローでクリーニングをしてくれる歯医者さんを探して当院にお越しになったとのこと。

ご存じの方はご存じなんですよね。
実は一般的な歯医者さんのクリーニングであるPMTCは実は歯を傷つけてしまうことを。

PMTCの道具でアルミホイルを磨いてみました。

アルミホイルPMTC
アルミホイルが傷ついて、研磨剤が剥けたアルミホイルの表面が混ざって灰色になっているのがわかります。
これはPMTCを受けたあなたの歯に起こっていることです。
また、回転ブラシで歯の表面を磨くので、歯と歯肉の溝は洗えません。

エアフローならすべて解決ですね(^^)


神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

本日当院のヤニ取りコースを受けられた方のご感想を頂きました。

「歯医者という感じではなく、もはやリラクゼーションですね!気持ち良かった!」

そうですね。
予防処置としてのクリーニングは痛くないどころか気持ちいいものです。
だって予防だから、痛いところがないから痛くなりようがないですね。
また、当院の歯科衛生士が上手に丁寧にクリーニングしてくれるののも重要なポイントです。

痛くならないうちにリラクゼーションしながら予防。
賢い方はもう初めています。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

たまに見る、大臼歯(奥歯)にプラスティックが詰まっている歯、結構な頻度で二次齲蝕(プラスティック詰めたところと歯の間からむし歯になってしまうこと)になっています。
2jiC加工済
黒く抜けてしまっているところが詰めた隙間から再びむし歯になってしまっているところです。

これね、まず、大臼歯は咬む力が一番かかるところなのでプラスティックを歯に詰める(専門用語でダイレクトボンディングと言います。もしくはコンポジットレジン修復)と、力に耐えきれず崩れてくるケースが散見されます。
しかも歯と歯の間で知らないうちに崩れてきて、気づいた時には神経までむし歯が行っていて、神経を取らないといけなくなっていることもあります。

本当はしっかりとした材料で詰めてあげるのが長持ちの秘訣です。

もっと言うと、そもそもなぜその歯がむし歯になったのかを考えてから詰めないとトラブルはその後もついてまわるでしょう。
だってむし歯になった原因は放置されているのですから。

原因を追究してからきちんと科学的根拠のある治療をすることが自分の健康を守る第一歩ですね。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

平日は通院が難しいとのお声の方のご都合を伺って土日の診療をご連絡がある場合のみ受け付けておりました。

池村個人の都合となりますが日曜日はベビーシッターさんをお願いして診療の準備をしておりました。
しかしながら土日にアポイントをお求めになる患者さんにおかれましては急なアポイント変更が多く、対応することが非常に困難になりましたので今後は土日の診療を差し控えさせて頂きます。

アポイントのお約束を必ず守って下さる実績のある患者さんのみ土日にメインテナンスを受け付けている次第です。


神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。

今日のタイトル、インプラントインプラントは自分の歯と全く同じに咬める」は大嘘

まあ、大嘘とまでは言いません。小嘘くらいでしょうか。
私は交通事故で前歯が折れたので4本インプラントですし、自分の母親にも妹にもインプラント治療を選択しています。
だからと言って「インプラント最高!第三の永久歯!」と持ち上げるつもりはありません。

インプラントは所詮代替品です。
自分の歯が良いに決まってます。
インプラントに被せている歯は人工物なので割れないように硬いものを咬むときはものすごく気を遣いますし、歯みがきだってインプラントの部分の歯肉は弱いのでものすごく気を遣います。
なにしろ人工物なので気を遣うんです。
自分の歯は歯根膜というクッションがありますが、インプラントは骨と直接くっついているので咬むと響きます。

でも、ほかの治療法の入れ歯やブリッジよりも明らかに優位性があるので仕方なく選択したのです。
ブリッジは昔からある治療法ですが、健全な歯を削らないといけません。
入れ歯はさほど咬めませんし毎回洗浄するの面倒だし年齢的にもノーセンキュー。
インプラントしか選択肢がなかったのです。

消去法です。
何らかの理由でうっかり歯がなくなってしまった場合は、デメリットのもっとも少ない治療法だと思います。
歯がなんらかすでにダメージを負っている場合は治療やむなしですが、それよりは自分の無事な歯をどうやって今後も残していくか、戦略を立てて未来に備える、これが優先です。
インプラントだブリッジだ入れ歯だ、というのは戦術です。
自分の口を・健康を・未来をどのようにプロデュースするかを考えていくのが戦略ですね。
戦略が先にこないで戦術である治療法にこだわると迷走するのでどうぞお気をつけて。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加