10392295_795984517106700_7344002962967548211_n
さて、突然ですが働く女性向けに12/11(木)20:00~21:00当院でミニセミナーを行います。
10名限定ですがすでに3名いらして下さることが決まっておりますので、あと7名参加して頂けます。

内容は働く女性が抱える問題を歯科医として一つの解決方法を提案する形になります。
一生懸命働いていると生活や食生活が乱れがちになると思います。
私も頑張ってもコンビニ弁当やスーパーのお惣菜になってしまうことがしばしば。
乳児を抱えているのに寝かしつけるのが12時になってしまうこともあります。
そんな中、ただ忙しさに流されるのではなく気を付けたい点を抑えておくと自分や家族を守れます。
そんなお話を伝えられたらと思っています。

どうぞご参加下さい。
ネット申し込みできるように準備していますが、まずは興味がおありの方はお電話下さい。
クリニック内にてお申込みチラシを配布いたしております。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
のっけから歯医者さんと関係なさそうなタイトルで失礼します。
でも後で関係性を理解できるようにお話しますのでどうぞ最後まで読んで下さいね!

最近セミナーで聞いた情報をシェアしますね。
我々神田中央通りいけむら歯科はオーソモレキュラーという栄養療法実践クリニックなのですが、お医者さんと歯医者さんしか聞けないセミナーがあるんですよ。そこで聞いてきた話です。

アルツハイマーは「脳細胞が死んでいく」という説が一般的でしたが、どうやら新しい事実がわかってきたと。
実は脳細胞がブドウ糖をエネルギーにできなくなっているのです。
細かくいうと脳のインスリン抵抗性が・・・とかアミロイドβが・・・とかありますが、ここではわかりやすく平易に行きますよ!
で、ブドウ糖をエネルギーにできないからガス欠になって機能がフリーズしている状態だということがわかってきたと。
そこでブドウ糖以外のエネルギー、油で機能が回復するケースが多いということです。
アルツハイマーだけでなく、難病といわれるパーキンソンやALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気もどうやら油で良くなる予感。
この認識の変化で「アルツハイマーは脳の糖尿病」と言われ始めました。
現に糖尿病の方はそうでない方よりアルツハイマーになるリスクが2倍だとか。

糖尿病は歯周病と卵が先かニワトリが先か、くらいの相関性がありますから、つまり歯科でも重要なファクターです。
そしてただ歯を削って詰めるだけの歯医者さんでは何も解決せず、身体は壊れていく一方になってしまいます。
神田中央通りいけむら歯科のように歯周病や予防に基軸を置いた栄養療法実践クリニックで診察すると、その歯肉の腫れも穴が開いてしまったむし歯も違う側面からアプローチできると思いますよ。
すなわちそれは病気を予防する健康への第一歩です。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
当院のロッカーの鍵についている歯ブラシキーホルダー
写真 1
実は売ってます。
神田中央通りいけむら歯科に通っているうちに、歯みがきが上手になり、口の中に興味が出てくるとこんな歯ブラシキーホルダーをかわいく愛しく感じられるようになります。
そんな神田中央通りいけむら歯科のベテランさんは「これカワイイ!欲しい!」と言って下さるのです。
受付でお声をかけて下されば、1個¥350でお譲りしておりますので興味がある方、携帯や家や車のカギにどうぞつけてみて下さいね。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
患者さんからディズニーのお土産を頂きました!
写真 2 (1)
しかもタオルはわざわざ日本産のものを探して選んで下さいました。
嬉しい!
遊びに行っても神田中央通りいけむら歯科を思い出して頂けるのが嬉しいです。
ありがたいですね。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは!神田中央通りいけむら歯科の池村です!
歯周病の話を動画で撮ってみました!

うーん。照れがある(/ω\)
次はもっと明るく楽しくハキハキと!がんばります!
まだまだなデキですが見てみて下さい!よろしくお願いします。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
実は最近、ビタミンDの注目度が急上昇中です。
アメリカの研究で、ビタミンDが冬場に悪化してしまうアトピー性皮膚炎の症状を緩和させることがわかったそうです。

肌トラブルは基本、タンパク質・鉄・ビタミンC不足を解消すれば治ってきますが、ビタミンDも必要なんですね。
やはり栄養素は単独で摂るより複合で摂取しないと機能を果たせないんですね。
サプリメントも良いですがこれらの身体に必要な栄養素が複合的にたっぷり入った良い食材を食べていきましょう。
ただし、加工食品が多い現在ではお腹が膨れても栄養が摂れないどころか奪う食品の方が多いです。
加工食品(ようするにコンビニ弁当・出来合いのお惣菜・外食など)を食べる機会の多い方は、やはり拝見していてお口の中も荒れています。
それはむし歯が多かったり歯周病が進行していたり、治療の効果が半減したり、という形で表れてきます。
歯医者さんが栄養療法を実践する理由ですね。
口の中の疾患は、日々の生活の結果です(当然、多少の個人差はありますし、もともと細菌に対する抵抗力がない方もまれにはいらっしゃいます)。
ただ口の中のクリーニングだけしていても、口の中の病気の原因を解決していかないと口の中の病気は何回でも起こります。
つまりむし歯や歯周病、歯ぎしり食いしばりを治そうとするならば日々の食事や生活習慣を変えれば良いのです。
しかし、あなたがとても強靭な意思を維持できて、明確に「健康になろう」と行動し続けることができたとしても、正しい知識でないと健康にはなれません。
そしてその正しい知識とは、口の中の病気のことも、口の中の病気が相互的に全身にも関与することも理解した歯医者さんが持っているものなのです。

神田中央通りいけむら歯科は世界水準の最新の歯周病治療と正しい栄養の知識で、ただ歯石を取るだけ・クリーニングするだけでは絶対に治らないあなたの口腔疾患を確実に治していきます。
歯医者さんにとりあえず通ってるけど、良くなっているのかなんなのかわからないというあなた。
セカンドオピニオンとしての歯科ドックもおすすめしております。
神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
前歯、取れたことある人?いらっしゃいますか?
先日のブログにも書きましたがけっこう前歯とれたって駆け込んでくる方いらっしゃるんですよ。
そして、こんなサイトを発見!差し歯がとれた!自分で戻せる?
すぐ歯医者さんに助けを求めて下さいね。
自分でなんとかしようとしたら、ダメよぉ~!ダメダメ!!
まず歯医者さんで応急処置をして、そしてなぜ取れるのかを考え、根本的な解決方法を提示してもらいましょう。
前歯がしょっちゅう取れるあなたはおそらく奥歯に歯がない状態だと思うので、きちんとした奥歯を作りましょうね。
そしたら、いつ前歯が取れるか気にしながら、舌で微妙に揺れている前歯をつついて生きていかなくてもよくなりますよ!
それって、けっこう素敵なことじゃありませんか?

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日のタイトル、インプラント治療は予防歯科です。
え?って思いました?
でも、抜けた歯の代わりにインプラントを入れる。
そうすると、たとえばインプラントを選択しなかった場合、ブリッジか入れ歯(義歯)しかありません。
ブリッジは両隣の歯を削りますから(むし歯じゃないのに!)予防どころの話じゃないです。むしろ積極的に両隣の歯を怖しにかかってます。
入れ歯(義歯)も、両隣の歯にバネをかけて咬む力を負担させます。両隣にかかっているバネのところに細菌がたまりむし歯になりやすくなります。毎日・毎食後取り出して洗わないといけません。
ね?インプラントがあることによって、他の歯が守られるのです。これって予防でしょ?

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

implant03_2
こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
実は、私はブリッジをあまり好きではないのです。
橋をかけた歯は荷重負担が大きくなり、寿命が縮みます。
なくなった歯の肩代わりを他の歯にさせると、その分ダメになる率が高いのです。
1本歯を失ったら、両隣を削ってブリッジに。これは「失った1本を補償する為に両隣を巻き込んでいる」んです。
問題のあった歯が1本→3本になってしまうんですよね。
そして、ダメになる歯が多く、何本も連結されたブリッジを入れてらっしゃる方。
これが悲しいくらいに悪くなってしまっています。
歯は、1本1本使命があってそこに生えているわけですが、1本がだめになったからといって他の歯にその分の負担を強いると、まったく健康な状態よりも寿命は短くなります。
ダミーの歯の下は磨けませんしね。裏側はブリッジの素材がセラミックでもなければバイオフィルムがべったり付いている事がほとんどです。
確かにオペは怖いかもしれませんが、処置される歯を最小限に抑えお口の中の環境をなるべく崩さない様にするにはインプラントはかなり有益だと思います。
現に私もインプラントですし。
歯医者が選択するのがインプラント治療です。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
めっきり寒くなってきましたね。

今日のタイトル、前歯が取れる!についてお話します。
先に結論を言うと、奥歯がないからです。インプラント治療をおすすめします!

では始めます。
前歯が何度も取れる人。
それは前歯に詰めたプラスティックでも、前歯に被せた差し歯でも、被せた銀歯に盛ったセラミックやプラスティックでもです。
なぜ取れるのか。
あなた、もしかして奥歯がないのではないでしょうか?
奥歯がないと前歯に咬む力がもろにかかって、詰め物被せ物は取れます。もげます。
つまり、前歯がちょこちょこ取れているあなたは奥歯を作れば良いのです。

ただし、一般的には入れ歯(義歯)だと、構造上、咬んでも歯肉が柔らかいので沈みこみます。
つまり、しっかりした奥歯のかみ合わせを確保するには至らないということです。
特に咬む力が強い男性の場合は入れ歯だとぎゅうぎゅう咬んで入れ歯が歯肉を圧迫してとても痛いです。
するとどうなるか?
結局、がっちり咬まないように入れ歯のかみ合わせを甘くします。すると結局前歯に負担がかかります。
また、どうしても入れ歯よりも自分の歯で咬みたがるのでやはり前歯で食事をしようとして前歯に負担がかかります。
つまり、奥歯がなくなって→前歯に負担がかかって前歯がしょっちゅう取れる→かみ合わせを確保したくて入れ歯をいれたとしても→入れ歯は咬んだら歯肉に沈み込む・入れ歯が乗っている歯肉が痛い・前歯で咬みたい、という理由で→やはり前歯は取れてきます。
詰め物被せ物をしていない自分の歯であっても、歯が欠けたり、すり減ってやたら短い歯になったり、前歯がぐらぐらになったり、出っ歯になったりします。

奥歯がなくなって、前歯がおかしくなってしまった場合、奥歯にインプラントを入れてかみ合わせを確保しないと残っている歯は咬む力でどんどんダメになっていきます。
ダメになっていく歯は加速度的に増えます。
この状態を、たとえばおみこしにたとえてみましょうか。
最初、28人で担いでいたおみこし。
誰かが疲れて倒れてしまいます。つまり担ぎ手が減ります。
一人当たりの負担が増えますね。
すると当然疲れる速度も速くなります。
そこでまた誰かが倒れるのです。
これが繰り返されているのです。
当然、残った人数でおみこしを担ごうとしても長時間は無理ですし、残った人数が少なくなればなるほど疲労も大きくなり、バタバタ倒れて、いずれだれもいなくなるのです。

ブリッジだろうが入れ歯(義歯)だろうが、担ぎ手が減ったことに変わりはありません。
担ぎ手を再び増やすにはインプラントしか今のところないのです。

あなたは、前歯がしょっちゅう取れていませんか?
とりあえず着けて・・・をくりかえしているとその歯でさえも助けてあげられる状態ではなくなってしまうかもしれません。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

こんにちは。神田中央通りいけむら歯科の池村です。
今日初めていらして頂いた患者さん。
「削らない治療」を求めていらして下さったのですが・・・。
すでに何もしなくても痛い状態。これは歯の神経が断末魔をあげているんです。
歯の神経がたび重なる削るむし歯治療に耐えかねて死んでしまったのです。
この状態になってしまうと歯の神経は激痛のまま。
仮に数日堪えられた場合、ある日パタっと痛みは止みますが、これは歯の神経が死んだということです。
死んだ歯の神経を放置すると腐りますから、やはり歯の神経の治療・根管治療が必要になってきます。
というわけで結局歯の神経を取る治療になってしまいました。

先日のブログでお伝えしたように、神経を取った歯は全身の健康に害を与える可能性が高いことがわかってきました。
でもまだ使える歯を引っこ抜くわけにはいけません。
事実をお話しつつ、まだ全身がお元気なうちは神経がない歯を利用してもらい、ほかの生きている歯を損ねないように予防歯科(ホームケアとプロケアの両方必要な話)を実践していって頂きたいと思います。
健康を願う方の為に存在する神田中央通りいけむら歯科です。

神田・新日本橋駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加