昨日のブログで『悪い歯は抜歯をお勧めする』とお話しました。
『悪い歯』を判定するのにレントゲン撮影や歯肉の検査等をするわけですが、『助けられる歯』か『助けられない歯』か、従来の検査方法だけではあいまいなものもあります。
根管治療や歯周病は特にですね。
以前は『あいまいな歯』は、「もしかしたら助かるかもしれないから治療してみます?」と提案していましたが、治療に時間やお金をかけても結果が伴わない事もしばしば。
神田中央通りいけむら歯科では最近はそんな『あいまいな歯』は文明の利器・CTの撮影をお勧めしています。
診断が早くつき、治療期間がぐっと減るので忙しいビジネスマンにはお勧めです。
従来の方法にこだわらず、新しい治療法の提案を前向きに受け入れて下さる患者さんは回復するのが早いです。
そして治療を終え、健康になった後はその健康を保つためのケアを受けていけば、治療費もかさまず治療に当てていた時間を他の有意義なことに使えます。
新しい技術は患者さんの人生にプラスであると実感しています。
時代の変遷は早いので常に良い歯科治療を提供できるよう研鑽し、患者さんがお口の悩みで苦しまない、患者さんの人生をサポートできる医院でありたいと思っています。
神田駅から徒歩4分  神田中央通りいけむら歯科

一昔前は歯を抜かない歯医者さんが『正義』だったこともあるようです。
神田中央通りいけむら歯科に転院してきた患者さんの中にも明らかに治る見込みのない、身体から追い出されている歯を大事に大事にお口の中に入れている方をちらほらみかけます。
細菌に汚染されてしまい身体から追い出されている歯がお口の中に存在するということは、食事の度に細菌塊を飲み込む・周り近所の歯も感染のリスクが高まる・口臭の原因にもなる。
しかもグラグラして痛くて咬めない。
こんなものを後生大事にして何になるでしょうか?
痛みなくおいしく食事をして健康でいる。これが目指す姿なはず。
グラグラで痛くてまともに咬めない歯をとっておいても百害あって一利なしです。
神田中央通りいけむら歯科では明らかに助からない歯は最初にレントゲンを撮った時点でご説明するので面食らう方も多いですが、見込みのない歯は抜歯しきちんと治療をした上でメンテナンスに移行をすれば憂いなく過ごせます。
悪ければ悪いほど乗り越えなくてはならない治療は多いですが、がんばった先は
しょっちゅう詰め物が外れる・歯肉がしばしば腫れる・口の中はいつも血の味、といった不快さから開放された安寧が待っています。
乗り越えた方はうちの自慢の痛くないエアフローを受け、『すっきりした!』とさわやかにお帰りです。
せっかく神田中央通りいけむら歯科にいらした患者さんにはぜひがんばって乗り越えた方々に仲間入りして頂きたいと思っています。
神田駅から徒歩3分 神田中央通りいけむら歯科

忙しくしているうちにこうして時間が過ぎていくのでしょうか。
さて、昨夜は
日本橋の歯科医師会が「お江戸日本橋歯科医師会」に名称変更、記念講演を行うので非会員でも中央区の歯医者さんを招待するよ(^^)
という通知を頂いていたので行って参りました。
奥歯を失ってしまうとかみ合わせが悪くなり、結果歯並びも悪くなってきてしまう。そんな成人の方にインプラントを利用した矯正、イイ!
という内容でした。
神田中央通りいけむら歯科でもそういった提案はよくするのですが、
「今更矯正なんて・・・」
とおっしゃる方もいらっしゃるので『もっと認知度が広がれば良いのになあ』
と思っていました。
少し前、海外の日本人のイメージ→「歯並びが悪い。先進国なのに変なの」
というコラムを見ましたのでなおさらです。
最近はブラケットをがっちりつける矯正だけではなく歯並びが悪い一部分だけを治す方法もいくつかあるので、気になる方はどうぞご相談下さい。
歯並びがきれいだと歯磨きがしやすくなるので虫歯や歯周病の予防にもなりますし、発音が明瞭になったり美しい口元でお会いした方の第一印象がグッと良くなったりしますから、人生がさらに素敵になると思います。
日本橋室町の神田中央通りいけむら歯科

インプラント治療、やりたいけど料金高い!』ってたまに言われちゃうんですよね。
でもね、本来ご自分の身体に備わっていたものの価値だと思えばどうでしょうか?
これからの人生、歯がなくて不自由する事・歯がなくなった事によってお口の中のバランスが崩れていき不自由さが加速していく事・バランスが崩れたことによって処置が必要な歯が後から後から出てくる事。
それらの不快症状や起こりえる疾病の予防への対価だとしたらどうなのかしら?
安くはないかもしれないけど、高くもないんじゃないかと思っています。
入れ歯で辛い方、たくさんいらっしゃいます。
辛さを味わった後インプラント治療を決心する方も多いですが、
『入れ歯を作る費用や時間+入れ歯を調整する治療費や時間+入れ歯で満足に咬めない辛さを味わう時間+インプラント治療の治療費と咬めるようになるまでの時間』

『インプラント治療の治療費と咬めるようになるまでの時間』
だとどちらがお得なのか一目瞭然ではないかなあ、と私は思ってしまいます。
『人生は経験だ!』なんて言葉もあるので経験するのもアリなのかもしれませんが。
人の価値観はそれぞれなので入れ歯でもブリッジでも『それが良い!』とおっしゃる方には誠意新誠意を込めて作りますが、いざ出来上がったものを患者さんのお口に入れた後に
『うれしい・楽しい・満足だ』
と笑顔を下さるのはやはりインプラントをなさった患者さんが多いような気がしています。
新日本橋駅から徒歩4分 神田中央通りいけむら歯科

お久しぶりの神田中央通りいけむら歯科のブログ更新です。
セミナーやオペやなんやかんやでブログ更新をサボッていましたが再開していこうと思います。
RIMG3007.JPG
こちらはインプラントの土台です。
歯肉の下に埋まっていた部分がバイオフィルム(プラーク・歯垢)の巣窟になっています。
ぬめっと白っぽいところが付着しているバイオフィルムですね。
一昔前はこの土台は金合金でよく作られていたようですが、バイオフィルムが付着しやすいので近年はほとんどバイオフィルムが付着し難いチタンやセラミックの土台です。
当然神田中央通りいけむら歯科もチタンかセラミックの土台を選択しています。
日本橋室町の歯医者
神田中央通りいけむら歯科

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加