このご時勢なので神田中央通りいけむら歯科では6月中は冷房をいれずにがんばろうと思っておりますが、さすがに暑い!
ユニットに座る患者さんも背中が汗でびちゃびちゃになってしまいます。
そこで、少しでも涼しくなる様工夫してみました。
ケーキ等生菓子についてくる保冷剤を、患者さんの脇の下にはさんで頂いて、その状態で治療をする様にしました。
熱中症の治療もこの様に脇の下を冷やすのだそうです。
なかなか好評です。
真夏はフリードリンクの麦茶でも用意してみようか考え中です。
神田駅・新日本橋駅のそばの神田中央通りいけむら歯科

心をこめてオペをしました。
あとはインプラントと骨がくっついてくれるのを待つのみです。
インプラントは診断から。日本橋室町の神田中央通りいけむら歯科はこちら

本日の治療が終わった後、明日のオペの為に診療室を消毒、オペに使用する道具を滅菌してから帰ります。
インプラント治療を安全に行う為に、環境をいつもより更に清潔に。
準備万端です。
神田中央通りいけむら歯科のインプラント治療の詳細はこちら

今日は月1回のインプラント勉強会へ出席です。
毎日患者さんを拝見しておりますと、お口の状態が悪く辛い思いをしている方・インプラント治療を受けられストレスなく日々お健やかにすごしておられる方、顔つきにはっきりと違いがある様に思います。
神田中央通りいけむら歯科に来院なさる患者さんがお健やかにお幸せに過ごすお手伝いが出来ます様、常に最善の治療計画を立てられる様勉強し続けないといけません。
と、いうわけで箱根の疲れが残っている様な気がしなくもないですが行って参ります。

参加させて頂いているインプラントのスタディグループの研修が箱根で開催されるので行って参ります。
受け持っている患者さんの治療法について、もっと良い方法があれば知りたいからです。
治療は常に日進月歩で、少し前まで普通に行われていた事が実は良くないので行われなくなった、などはざらにあります。
情報収集は欠かせません。
常に新しく最善の道を示してくれる先生方がいらして下さり、そのたびに患者さんに還元できることが増えていくので本当に嬉しいです。
明日もまたたくさん知識や技術を学んで参ります。
神田駅・新日本橋駅の近くの神田中央通りいけむら歯科はこちら

本日も、歯周病治療を終了した患者さんに治療終了はゴールではなくケアのスタートだとお話しました。
世間はまだまだ「病院は悪くなったら行くところ」という認識が根強く残っているようだからです。
悪いと、治すのに時間がかかります。治療は痛かったり辛かったりすることもあります。
でも、短時間で済むケアで悪くなる事を防げたら?
または早期発見で治療期間がぐっと短くなるのであれば?
治療終了はケアのスタートです。
予防に力を入れている神田中央通りいけむら歯科はこちら

インプラントを含む外科処置は術者・患者さんともに、気力・体力を消耗しますが、乗り越えてしまえば後々憂いのない口腔内環境を手に入れられます。
健康を求める患者さんがいらっしゃる限り最善をめざして治療をおこなって参ります。
悪くなった原因を知ってからより健康をめざす神田中央通りいけむら歯科はこちら

歯科医院は小規模な企業です。
一口に歯科医院と言っても、院長先生によってまったく雰囲気が変わります。
同じ治療でも手順が違っていたり、違う材料を使用していたり。卒業した歯科大学や所属する学閥によっても変わります。
自分の診療がある程度確立されても、他の先生を見学させて頂くことはまた新たな発見があります。
良いところはどんどん取り入れていくとますます神田中央通りいけむら歯科の患者さんの利益になると考えています。
明日はセミナーで知り合った先生のところへ参ります。
さらに患者さんの笑顔の為になる情報や技術を収穫して参りますね。
からだにやさしい治療をする神田中央通りいけむら歯科はこちら

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加